Top

NATIONAL LEOGRAPHICはこちらに移転しました!!!








[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

タグ:TAMRON AF 70-300mm Di ( 109 ) タグの人気記事
ALASKA - Day 2: Sunset at Chena.
今回は前回紹介した雪上車による雪山登りの末到着した展望スポットからの夕日を載せて行きます。

前回紹介した通り、かなりの揺れの中2、30分かけてやってきた見晴らしの良い山の上。揺れまくったけれど、思ったほど酔わなかったのはラッキーだった。ブランコでも酔ってしまう質なもので。

とにかく、早速雪上車から飛び降りてパシャパシャやった。
c0080101_1910464.jpg

元気な内に(?)と、小走りで360度撮りながら一周した(ちょっとくらいせわしなく動く方が体も暖まるので、“本能”がそういうリアクションを導いたのかもしれない)。太陽が沈む方角もいいけれど、こうして夕日で赤く染まる山もいい。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2010-04-19 23:42 | Travel Log
Exciting Olympic Games in Vancouver!! - 2 -
シアトルより少し北、国境を越えてすぐの場所にあるバンクーバーでは連日熱気に包まれた世界最高峰の闘いが繰り広げられている。

今日も朝から各競技で選手たちが火花を散らしているけれど、大会5日目の注目は、フィギュアスケート男子SP。

前回のエントリーでも触れたけど、個人的にアメリカ男子代表のEvan Lysacekエヴァン・ライサチェク)に注目している。

c0080101_362746.jpg
Skate America 2008」にも出場していたEvan Lysacekは、全米チャンピオンの看板とともにバンクーバーに参戦する。

フィギュアと言えば、五輪初挑戦の浅田真央やガングロになった安藤美姫が注目されているけれど、男子も高橋、織田、小塚の3選手が出場し、金銀銅も夢ではない。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2010-02-17 03:23 | Sports, Athletes
Exciting Olympic Games in Vancouver!! - 1 -
12日に始まったVancouver Olympic(バンクーバーオリンピック)。シアトルからは車で3時間とちょっとの街で開催されているとあって、何とか試合を観に行きたいと思っていたのだけれど、どうにもこうにもチケットからホテルから全部想像を遥かに越えるプライスで、出来れば数日滞在して、好きなスポーツをいくつか見たかったものの叶わず仕舞い。

街の熱気だけでも感じたいな、と思うので、どんな感じになるかわからないけど、来週の休みに行ってみようかとまだ諦めていないのだけど、Valentine's dayでもあった今日は、男子モーグルやスピードスケート、フィギュア・ペアなどをテレビで楽しんだ。

フィギアは好きな競技のひとつで、2008年には「Skate America」(全米大会)を観に行ったりもしている。その様子は、こちら(男子)や、こちら(女子)のエントリーなどで紹介したけれど、今日のペア競技では、こちらのエントリーで紹介したペアが何組か出ていたので、彼らを撮った写真でこっちで紹介していないものを少々。。

c0080101_17441754.jpg
今日のSPで2位に付けたドイツ人ペアが、「Skate America 2008」にて優勝した、Savchenko, Szolkowyペア。

今大会ではピエロの衣装(メイク)で安定した演技を見せたが、リンクを広く使い切れなかった事と、少しスロー過ぎた様に感じた。パーソナルベストを出した様だけど、もう少しダイナミックな演技を観たかった。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2010-02-15 18:05 | Sports, Athletes
HAPPY NEW 2010!!
c0080101_17274271.jpg
新年あけましておめでとうございます!

正月を3年連続でシアトルで過ごすことになった2010年。正月があっさりしているところなので、日本での正月が恋しい様な、これくらいで逆にいいような、そんな新年ですが、新しい一年を迎え、気持ちも新たに今年も充実した一年になる様精進したいと思っております。

2009年の総括でも書きましたが、去年は、デジイチライフの大きな転機の一年でした。

たくさんの事にチャレンジし、経験し、楽しんだ2009年。

夏前にはデジイチ歴5年目を迎える今年は、更なる挑戦の一年にしたいな、と思っております。

すでに色々な計画は進行中でもありますが、とりあえず、年明け第一弾として、予てより開設済みだった、ボクのパーソナルウェブサイト、「LEOiSM!」内コンテンツとして、新しいブログを開設いたしました!

当ブログ、「NATIONAL LEOGRAPHIC」はこれまで通り更新して参りますが、今後は、よりフィールド撮影のログ(撮影記)や、旅行記、アート、文化、歴史などの紹介に集中した内容にし、新しいブログの方では、“今週の一枚”や、機材レビューや、写真ネタ、撮影技術に関する考察などの紹介などを曜日毎に定めたテーマのもと更新して行こうと思っております。

曜日毎テーマで、例えば、月曜日は、“今週の一枚”を紹介、火曜日は、撮影テクニック小ネタ、水曜日は新製品レビュー、、、、という感じを考えていますが、それを週7日、年365日続けて行くのは自信が無いので、とりあえず今月はボチボチ更新して行き、どれくらいのペースでの更新が出来そうか、というのを様子を見て、来月くらいから定期更新を始められれば、、、と考えています。

新しいブログの方は、「LEOiSM!」内コンテンツということで、今の所、それらしいネーミングも決めていないので、その辺もボチボチ決めて行こうかと思います。

そんな感じのボクですが、当ブログ、「LEOiSM!」、そして新ブログ共々今年もどうぞよろしくお願いいたします。


*写真はクリックすると大きいサイズがポップアップします。


*Taken in 6 mega JPEG. Retouched and Resized with iMac + Photoshop CS4


ココロに響く1枚はございましたでしょうか?よかったら、コメントを残してっていただけると嬉しいです*

色んな写真ブログ
風景写真なブログ
[PR]
by leoism | 2010-01-02 17:50 | News, Column
影絵 (ブログdeフォトコンテスト「影」部門応募作品)
c0080101_15362094.jpg


第19回ブログdeフォトコンテスト、「影」部門応募作品です。

2回連続のグランプリに選んでいただいた前回に続いた今回もまた応募させていただきます(4回目)。

今回のプラスワンテーマは、「影」。前回の「光」に続きなかなか作品選びに悩みました。

悩みましたが、結果、この一枚を選びました。

この一枚は、まだまだ青葉が目立ち、紅葉シーズンには少し早過ぎた感のあった中、奥にわずかに広がる赤い景色を活かすため、手前に青葉をシルエットとして捉えるという苦肉の策で撮った一枚ですが、手前にシルエットを入れる事で、より一層紅葉の赤が際立った様に思います。

影の持つイマジネーションを刺激する心理的効果を感じる一枚だったため、この一枚にしました。

撮影データ等→
[PR]
by leoism | 2009-11-30 15:38 | Seasons, Events
San Francisco - Day 5 - : Alcatraz III.
前回前々回のエントリーに続いて今回も、"The Rock"跡地のある、アルカトラズ島の様子を紹介します。

最終回の今回は、脱出不可能とされた大監獄からの脱走劇と銃撃事件についての歴史も紹介しながらにしようと思う。
c0080101_10105092.jpg
最初は図書室。

囚人たちは読みたい本をオーダーして、この空間で読書する事が出来たし、中には自室(自分の監房)に持ち帰っても良い者もいた(囚人の態度などで違ったのかな?)。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2009-10-19 13:30 | Travel Log
San Francisco - Day 4 - : NIKE WOMAN'S MARATHON '09.
Day 1, Day 2, Day 3, と紹介してきたサンフランシスコ旅行記もいよいよ後半戦の4日目に突入。

この日は、NIKE主催の女性のためのマラソン、『NIKE WOMANS MARATHON '09』(ナイキ・ウーマンズ・マラソン '09)を見に行った。

このマラソンは、ナイキ主催のマラソン/ハーフマラソン/ウォーキングのイベントで、サンフランシスコのダウンタウンエリアから、ひとつ前の旅行記の科学館や、サンフランシスコ美術館などがあるGolden Gate Park(ゴールデン・ゲート・パーク)を内を走り、同公園奥でゴールする、女性のための大会だ。

フルマラソンのランニングをはじめ、ハーフマラソンとそれぞれの距離のウォーキングなど、いくつかのエントリーカテゴリーがあるのだけれど、それぞれを完走(完歩)した参加者には米国有名アクセサリーブランド、「Tiffany」(ティファニー)のオリジナルデザインネックレスが贈呈されるという“ご褒美”があるのが特徴だ。

ハーフでも21km強あるものの、歩きだったら、健康な大人なら、4、5時間ほどあればゴールできるとあって、米国内だけに留まらず、世界中から女性が集まるビッグなイベントだ。

ボストンやニューヨークシティーマラソンなどの、プロランナーが参加する様な大会とは違い、市民マラソン的な感じではあるが、上記の“ご褒美”目当てに毎年多数の参加希望者が集まり、毎年抽選になってしまう程の人気ぶりなのである。

基本的に女性用の大会だが、例えば体の悪い彼女や、妊娠中の奥さんなど、参加できない女性のために男性が走る、というのはオッケーというのがなんともアメリカらしいが、そのため、ちらほら男性ランナーも見かける。(中には、「ダーリーン、私のために、ティファニーもらってきてーぇー」とおねだりされた男性もいることだろ)

そんな、女の欲望(も)渦巻くマラソン大会の様子を追ってみたので、少しだけお伝えしようと思う。
c0080101_10381021.jpg
朝、まだ暗がりの中スタートする。群衆の殆どは頭の上に(Tiffany!)と浮かべた女性たちだ(笑)


出発地点とゴール地点が結構離れているため、見学者は特別に用意されたシャトルバスで、いくつか用意された応援スポットを巡ることが出来るため、「ドン」を聞いた後、第一応援スポットへ移動した。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2009-10-18 12:12 | Sports, Athletes
San Francisco - Day 2 - : Golden Gate Bridge II.
前回のエントリーから引き続きGolden Gate Bridgeの様子をお届けします。

前回の最後あたりで次第に霧に晴れ間が見えて来たわけだが、それでも海上をほぼ一面埋め尽くす勢いの霧は健在で、本当に雲の王国にでも迷い込んだかの様。

c0080101_20121745.jpg
正に天を架ける橋の様。


Continue --->
[PR]
by leoism | 2009-10-16 12:27 | Travel Log
San Francisco - Day 1 - : VIP in San Francisco.
前回のエントリー最後に登場した、ポリスメンと異様なまでの警戒態勢。一体サンフランシスコに何が起っているのだろう。。。

そんな思いを抱きつつも、目的のUnion Squareに向かうにはどうしても迂回せざるをえなかったので、渋々遠回りをしていると、次のブロックにもポリスメンや人だかりが!

気になり度がMAXに達したので、人だかりの中の1人に、「この群衆、警戒態勢、一体どうしたの?」と尋ねてみたら、「オバマ大統領が来るんだ」との事。

なるほど、この国のボスが来るなら仕方ない。

日本でも有名ホテルとして相応の地位にある、WESTIN HOTELの各出入り口に、重装備の警官隊とホテルマンがたくさん居て、それを囲む様に作られたフェンスの壁とその後ろにいる人だかり。どうやら、このホテルで重要な会議があるらしく、会議のために訪れる大統領を一目見ようとたくさんの人たちが群がっていたのだった。

c0080101_1321271.jpg
ホテルは通常営業中なので、他の宿泊客が駐車場に入ろうとする。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2009-10-15 18:36 | Travel Log
生きるチカラ、求めるホンノウ
—生きるチカラ、求めるホンノウ—


c0080101_14265678.jpg


c0080101_14255033.jpg


c0080101_1427525.jpg



最近、野生の「生きるチカラ」に非常に興味・関心があります。

人間は頭ばっかり大きくなってしまって、内に秘めたはずのチカラ・ホンノウを隠し、封印しながら生きている様な気がしますが、大自然の中で野生動物たちが見せるそれらの輝きには本当に心を奪われてしまいます。

「NATIONAL GEOGRAPHIC」の様な写真が撮りたい、という思いの中にはそういった人間を含む生きとし生けるものたちの生き様、チカラ、ホンノウを写し取りたい、伝えたい、という想いがあるのかもしれません。。

この雛鳥たちは国立公園内に設置された人工物の柱の上に作られた小さな巣の中で「生きたい!」と叫び続け、そして疲れたら寝て、親鳥が命の源を届けてくれるや直ぐにまた命の雄叫びをあげるの繰り返しでした。

鳥は飛び方を習わずとも飛べるそうです。

何を食べてて、どの様に生きるかを知っている。

こんな小さな小さなものたちですら、自分の生きる道を知っているのです。

いやはや、頭でっかちになってしまった人類に生まれた事をちょっとだけ恨めしく思ってしまいますね。


*写真はクリックすると大きいサイズがポップアップします。


[ K200D + TAMRON AF 70-300mm Di: 300mm, M mode, SR on ]

*Taken in 6 mega with fine sharpness +4, custom color=Miyabi. (Retouched and Resized with MacBook + Photoshop CS4)


ココロに響く1枚はございましたでしょうか?よかったら、コメントを残してっていただけると嬉しいです*

色んな写真ブログ
[PR]
by leoism | 2009-10-14 22:25 | Life