Top

NATIONAL LEOGRAPHICはこちらに移転しました!!!








[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

タグ:SIGMA 10-20mm EX DC ( 105 ) タグの人気記事
San Francisco - Day 5 - : Alcatraz II.
前回のエントリーに続いて今回も引き続き、大監獄"The Rock"ことAlcatraz跡地のある、アルカトラズ島からの様子を紹介します。

前回もこの監獄に関するちょいネタはいくつか紹介したけれど、今回はそれに加えて、この監獄内オーディオツアーにて学んで来た知識を紹介して行こうと思う。(一応確認してから書いてますが。。。)メモしていたわけじゃないので、情報が間違っていた場合は、ゴメンナサイ

c0080101_19304144.jpg
前回の最後、監獄本館に入るところで終わったわけだけど、順路が始まる扉をくぐると、シャワー室に入る様になっている。


最初がシャワー室というのは、ちょっと不思議な気分にさせられる設定だ。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2009-10-19 12:17 | Travel Log
San Francisco - Day 5 - : Alcatraz I.
充実のサンフランシスコ旅行もいよいよこの日で最終日。体力的に疲労感があることは隠せないけれど、本当に毎日毎日色々と楽しい日々を過ごせて満足な日々。

最終日は、サンフランシスコに来たら絶対行きたかった2つ目の場所(1つ目はSchulz Museum)、大監獄、"Alcatraz"(アルカトラズ)をメインディッシュに、PIER 39近辺を散策した。

まずは最初に向かったメインディッシュの様子からどうぞ。

Alcatrazは、通称"The Rock"とも呼ばれる難攻不落の大監獄で、アルカトラズ島という小さな島に置かれていた。この島はサンフランシスコの街から見える場所にあり、距離的には泳いで渡れそうな風に見える物の、厳重な警備は当然ながら、その取り囲む海は海流がめちゃくちゃ?で、海に辿り着けたところで、岸まで辿り着くのは不可能とされていた。

あのアル・カポネや、ロバート・フランクリン・ストラウドなども収容された極悪人を集めた監獄で、1963年に閉鎖され、1973年から現在まで跡地が一般公開されている(観光地としてとても有名に)。

そんな大監獄跡地のある島へは船で渡る形になっている。平日なので、現地でチケット買えるだろうな、とは思っていたけれど、ネットで情報を見たついでだし、絶対行くのは決まってるし、とオンラインブッキングをしておいて良かった。現地についたら予約した船の出向30分ほど前なのに、チケット売り場には行列が出来ていて、しかもその列に並んで買えるチケットが1時間後の便と表示されていたのだ。予約を入れておいて正解だった、とシミジミ。
c0080101_18303370.jpg
そんな大人気の同ツアーは、こんな船でアルカトラズ島へと渡る。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2009-10-19 11:31 | Travel Log
San Francisco - Day 4 - : SFMoMA II.
SFMoMAの展示の一部、建物を中心にお伝えした前回につづいて、今回は、その中で、特設(期間)展示として行われていた、「PHOTOGRAPHY NOW - CHINA JAPAN KOREA -」という展示と、数多くの著名人のポートレート撮影や、ファッションフォトグラファーとして有名な、『Richard Avedon』(リチャード・アヴェドン)の展示会の様子を紹介したいと思う。

まず最初に立ち寄ったのがこちら。

c0080101_9484633.jpg「写真の今 - 中国 日本 韓国-」という展示だ。

日中韓の写真家による20世紀〜21世紀の写真が展示させられていた。

日本からは、アラーキーこと荒木経惟氏や、"画面のセンターに水平線を置いた海のシリーズ" の山崎博氏などの写真が展示されていた。

写真の写真を撮るのはなんだか変なので、あまり写真は撮っていない。

しかし、数々のフォトグラファーの写真を見るのは楽しく、特に山崎氏の『The Sun is Longing for the Sea』の前では、

「How did he do this??」(これはどう撮ったんだ??)

という議論を交わす人がたくさんいて、一緒になって、どうやって撮ったんだろう??と思考を馳せたが、デジタル前提の写真から写真世界に入って来たボクなんかには絶対想像つかないような、創造性やアイディアを持ったフォトグラファーはたくさんいて、自分の中に眠る世界をいかにして表現しようか、と闘って来たんだろうな、と感じた。

c0080101_15154070.jpg
『The Sun is Longing for the Sea, 1978, printed 2000』


Continue --->
[PR]
by leoism | 2009-10-18 15:47 | Art, Architecture
San Francisco - Day 4 - : SFMoMA I.
サンフランシスコ旅行4日目、前回お伝えした、『NIKE WOMAN'S MARATHON '09』を観た後、ホテルにて少し休憩の後、「San Francisco Museum of Modern Art」(サンフランシスコ近代美術館)、通称“SFMoMA”へ向かった。

c0080101_92419.jpg1935年、20世紀の芸術作品のみを展示する美術館、「サンフランシスコ美術館」(San Francisco Museum of Art)として開館。

後にニューヨークにあるMoMa(ニューヨーク近代美術館)と区別するため、SFMoMAという愛称を使う様になる。

多分、一般的にはニューヨークのMoMAの方が有名だろうけれど、それぞれModern Art(近現代芸術)の展示に特化するという意味で共通したコンセプトを持つ美術館として、西東に名を馳せる。

それではそんなSFMoMAを少しだけ紹介しようと思う。

c0080101_921652.jpg
エントランスホール。


Continue --->
[PR]
by leoism | 2009-10-18 15:14 | Art, Architecture
San Francisco - Day 3 - : Golden Gate Park III - de Young II -.
美術館自体の紹介をした前回に続いて、FAMSF - de Youngからの様子をお伝えします。

ユニークな美術館建物自体にクロースアップした、前回のエントリーに続いて今回は館内に展示されていた作品群を少々紹介したいと思う。

c0080101_9324613.jpg
常設展示を見る前に時間とともにどんどん混むことが予想されたTUTANKHAMUNの特別展示を見ることに。(残念ながらこちらは撮影禁止だった。)

ツタンカーメンを見た後は、まず1階の展示から見て回った。


Continue --->
[PR]
by leoism | 2009-10-17 13:18 | Art, Architecture
San Francisco - Day 3 - : Golden Gate Park II - de Young I-.
San Francisco旅行記3日目、前回に続いて今回もGolden Gate Parkからの様子を紹介します。

ボクは美術館に行くのが好きなんだけど、展示物はもちろん、その建物自体に大きな興味を持っている。特に安藤忠雄による建物は、”見せる”ことにすごく繊細で、設計コンセプトがとにかく素晴らしくて、毎回感心する。

今回紹介する、『Fine Arts Museums of San Francisco - de Young』(サンフランシスコ美術館ーデ・ヤング館)も面白い外装を持った、建物自体にわくわくさせられる美術館だった。

ということで、今回はまず、同美術館の建物を紹介しようと思う。

c0080101_8174349.jpg
全体が錆びた鉄の様な姿をしている。


Continue --->
[PR]
by leoism | 2009-10-17 11:26 | Art, Architecture
San Francisco - Day 3 - : Golden Gate Park I.
San Francisco旅行3日目。

この日の早朝にレンタカーは返却し、同日からは徒歩x公共の交通機関での移動となった。

サンフランシスコレベルになると、それでもそんなに困らない。

3日目の予定は、Golden Gate Parkという巨大な公園を1日かけて散策することになっていて、まずはホテルから公園まで徒歩xバスで移動した。

バスはホテルの真ん前からあったのだけど、途中で乗り換えが必要で、乗り継ぎに10分以上あったので、待っている時間にちょっとあたりを散策した。

c0080101_642674.jpg
『War Memorial Opera House』。オペラシアター。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2009-10-17 10:50 | Travel Log
San Francisco - Day 2 - : Night at Palace of Fine Art.
こちらと、こちらのエントリーで紹介した、“美術宮殿”ことPalace of Fine Artが夜にライトアップされるということで、再度立ち寄った(同じ日に)。

c0080101_519225.jpg
昼と比べると段違いに美しい!

…のは朝が霧まみれで大変なことになっていたからかも知れないけど、、、とにかくこういう建物のライトアップはとても美しい。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2009-10-16 20:52 | Travel Log
San Francisco - Day 2 - : Golden Gate Bridge II.
前回のエントリーから引き続きGolden Gate Bridgeの様子をお届けします。

前回の最後あたりで次第に霧に晴れ間が見えて来たわけだが、それでも海上をほぼ一面埋め尽くす勢いの霧は健在で、本当に雲の王国にでも迷い込んだかの様。

c0080101_20121745.jpg
正に天を架ける橋の様。


Continue --->
[PR]
by leoism | 2009-10-16 12:27 | Travel Log
San Francisco - Day 2 - : Golden Gate Bridge I.
前回、残念ながら霧で全く見えなかったGolden Gate Bridge(ゴールデン・ゲート・ブリッジ)。橋そのものからはさすがに見えるだろう、、、というわけではないけど、この後の目的地が橋を渡るルートだったため、意気揚々、アメリカ西海岸の象徴のひとつでもある、赤い大橋を渡った。

視界は約5〜10m、徐行で渡ったが、主塔の上までは見えず。しかし、橋の終わりあたりから次第に晴れ間が見えて来たのに気がついて、急遽橋の終わりにあるビューポイント兼レストエリアに立ち寄ることにした。

c0080101_16225126.jpg
橋を南から北に向かって渡った地点から南側を向いての一枚。


Continue --->
[PR]
by leoism | 2009-10-16 12:11 | Travel Log