Top

NATIONAL LEOGRAPHICはこちらに移転しました!!!








[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

タグ:PENTAX-A 50mm F2 ( 7 ) タグの人気記事
【Accessary】 Sub (car/plug) Charger for K-7
機材紹介第三弾は、前回紹介した予備バッテリーの相棒、充電器を紹介しようと思う。

前回のエントリーで、「K-7」にアップグレードして以来抱えていた“電池不安”の話をした。

K-7」以前は、「K100D」や、「K200D」といった単三電池(eneloop)対応機種を使用していたため、“最悪どこかで買える”という安心感や、汎用性がいいため複数の電池を所有しやすかった背景から、充電池に関する不安を抱くはなかったのだけど、専用充電池採用の「K-7」になってからは、1本の電池だけでは不安になっていた。

そのため、前回紹介した通り、(純正ではないが)予備バッテリーを購入したわけだが、それに加えてさらに心強いアイテムを手に入れた。

c0080101_1835559.jpgこちらも予備バッテリー同様、純正品ではないが、「K-7」専用バッテリーである、「D-Li90」対応の充電器で、コンセントからの給電に加えて、車載シガーラーターソケットからの給電に対応している点で、純正品である、「バッテリー充電器キットK-BC90J」より利便性が高い。

ボクは、デスクの下に純正品(本体について来た分)を配置しているのだけど、旅行に出る際は勿論、撮影が多くなりそうな場合でも“念のため”充電器は持って出たいから、毎度デスク裏奥の方にあるコンセントタップからケーブルを抜いて、バッグにしまうという作業が必要だった。

実際のところ、同時に使うということはないのだから、出かける時にいちいち持ち出せばいいだけなのだが、どうしても面倒だったり、夜にかけて電池を充電しているなどの都合で、出かける直前に用意しようとして、“コロっ”っと忘れて来てしまうなんて事は多々ある(ありますよね??)。

とにかく、そんな都合から、「K-7」を買って以来、出来たらサブ充電器も手に入れたいな、と思っていたわけだ。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2010-01-27 19:32 | My Gears
【Accessory】 Alternative Battery for K-7.
前回の"Lens in a Cap"に続く、機材紹介シリーズ第2弾は、「K-7」用のサードパーティー製代替えバッテリーを紹介しようと思う。

ユーザー以外には不要な情報かもしれないけれど、興味があったらどうぞ。

K-7」以前に使って来た、「K100D」や、「K200D」は単三電池駆動だったため、eneloopを使っていた。eneloopは汎用性が高いから何十本も持っていたし、最悪撮影先でもゲット出来る確率が高かったため、安心感という意味では専用充電池を採用するデジイチよりアドバンテージがある。そのため、「K-7」になってからは、充電池に不安を持っていた。

K-7」が採用する専用電池、「D-Li90」は仕様上1,000ショット近く撮影出来るので、多くの場合充分と考えられる。しかし、例えば充電を忘れていたり、ストロボを多様したり、背面液晶での確認や設定などを長く弄ったりすると電池の消耗は早くなり、予定より早く切れてしまう。何より、リチウム電池の特性として、低気温環境下での消耗が激しいという事実がある。この春に控えているアラスカ行きでは、昼間でも零下の気温が予想されるので、この事もとても気になっていて、やっぱり1、2個はサブ電池が欲しいな、と思っていた。

ただ、eneloopと違って、「K-7」にしか使用出来ない電池に、¥8,400(定価)はなかなか出せない。米国のAmazon.comでは現在最安値$39.39Amazon.co.jpでは¥6,354)で売られており、日本の定価と比べたら半額以下にはなっているけれど、それでも、まだ躊躇はしてしまう額だ。

ということで、今回、eBay.comにてサードパーティー製の代替え電池を試してみる事にした。

c0080101_17575766.jpgさて、どれが、PENTAX純正バッテリーかわかるだろうか?

eBayを見てると、多数の代替えバッテリーが出品されていて、その殆どが中国か香港からの出品だ。たまに充電バッテリーが燃えたとか、爆発したとかというニュースを聞くし、代替えバッテリーの使用により、本体が壊れたという話も聞かないことはないので、信頼性という意味で心配はある。数十ドルをケチって、千ドル以上するカメラが壊れたら悲しいでは済まない。

また、出品の多くは、純正品と容量が違っていて、そこに拘ることで安全性・信頼性があがるのかはわからなかったけれど、今回は純正品と同じ、1,860mAhの物を購入した(一番多いのが1,400mAhの品)

この写真で見える外観だけではその違いを見分けることはほぼ不可能なので、恐らくカバーは純正と同じ物を使用しているのだろうと予想されるけれど、中身の電池ユニットが違うのだろう。純正と非純正はこの裏側を見たらすぐにわかる。

どれが純正電池でしょうか?? (続きを読む) --->
[PR]
by leoism | 2010-01-26 18:39 | My Gears
Sunday Market
シアトル近郊には日曜市をやる場所がいくつかある。

FremontやBallardなんかが有名なんだけど、Fremontでは、蚤の市をやるので、定期的にパトロールするとちょっと面白いものが見つかったりする。夏に古いレンズを手に入れてから、スクリューマウントのMAMIYA-SEKOR 55mm F1.4なんていうそれまで聞いたコトのなかったレンズを買ってみたり、ことレンズに関しては、最新の物にこそ価値を見いだしていたそれまでの考え方が一転した感じがあって、こういうマーケットでもたまーにオールドカメラやレンズを見かけたなぁ、と思い久しぶりにやって来た。

c0080101_19321330.jpg
こういう一見何の用途も価値も無い様に見えるものが、ある特定に人にとっては宝物かもしれない。

そういうのが蚤の市の面白さだけど、AFも利かない、絞り値もカメラから操作できない、一体いつ作られたのかすらわからない、そんなレンズをお金だして買おうなんて、理解できないね、という人もたくさんいるだろう。

Continue Market Photos ----->
[PR]
by leoism | 2008-10-12 17:42 | All Other Photos
Fruits Basket
3つでも、リンゴ

4本でも、バナナ

くだもの、だもの

c0080101_7334023.jpg

[ K100D + smc PENTAX-A 50mm F2: 50mm, 1/50, F2.0, 0.0EV, ISO400, AWB, Aperture Priority, SR on ]


(Retouched and Resized with MacBook + Photoshop CS3)

にほんブログ村 写真ブログへ ←ココロに響く一枚がございましたら、“ポチ”お願いします。
[PR]
by leoism | 2008-10-04 20:33 | All Other Photos
08.08.08. It's My Birthday!
今日は誕生日。

ルームメイトたちが祝ってくれた。

この一年も健康に、楽しく暮らせて良かった。

c0080101_944128.jpg

[ K100D + smc PENTAX-A 50mm F2: 50mm, 1/16sec, f2.0, 0.0EV, ISO400, AWB, Av mode, SR on ]


(Retouched and Resized with MacBook + Photoshop CS3)

にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 学生カメラマンへ ランキングに参加しています。
お気に入りの1枚、ココロに響く1枚はございましたでしょうか?よかったら、コメントを残してっていただけると嬉しいです*
[PR]
by leoism | 2008-08-08 23:41 | All Other Photos
Testing Old lenses.
昨日ゲットしたマニュアル単焦点レンズ2本をK100Dのキットレンズと比較してみた。

被写体は3通り。
トランプ、小さい緑、冊子。

【トランプ】

c0080101_2021836.jpg
■ PENTAX-A50mm F2

c0080101_201820.jpg
■ AUTO CHINON 50mm F1.9

c0080101_2014451.jpg
■ smc PENTAX-DA18-55mm

→緑と冊子
[PR]
by leoism | 2008-08-06 19:32 | All Other Photos
smc PENTAX-A 50mm F2, AUTO CHINON 50mm F1.9 ゲット
Craigslistで古いマニュアルレンズを二本ゲットした。

フィルム時代、標準レンズと呼ばれた焦点距離、50mm域の単焦点レンズがとても安く手に入った。
AF全盛の今の時代、わざわざマニュアル操作のレンズを手に入れるのは、純粋に撮影を楽しみたいという理由が多いだろう。K100DとAFレンズ群で2年楽しんだ今、そういう楽しみを体験したくなった。

c0080101_9392310.jpg今回手に入れたのは、PENTAXの50mm単焦点で開放F値が2というレンズで、このレンズには
「A」ポイントがあるので、マニュアルレンズながら、絞り優先AEモードの使用が出来る。
現行の純正50mm単焦点は、FA50mm F1.4と開放値が1.4で、今回手に入れた物より明るいけれど、F2位ある方が初心者にはいいと、誰かが言っていた。

もう一本同じく50mm域単焦点として手に入れた分は、今回初めて聞いたブランド、CHINONという所が出した、F1.9の物で、こちらは「A」ポイントが無いので、完全マニュアル露出での撮影となる。
CHINONは今はもうなくなったブランドなので、レアという意味では面白い買い物をした。

さらに、、、
[PR]
by leoism | 2008-08-05 21:01 | My Gears