Top

NATIONAL LEOGRAPHICはこちらに移転しました!!!








[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

タグ:PENTAX K-7 ( 90 ) タグの人気記事
ALASKA - Day 2: Granite Tors Trail.
アラスカ二日目。

前回は、車を借りて雪国らしい景色の中を走る様子などをお伝えしたが、今回は、実際に雪のトレイルを歩いた時の様子を紹介したいと思う。

この日は実は、Fairbanksから100kmほど東にある、Chena温泉へ向かって走っていたのだけれど、Chena hot spring roadという道はその名の通り、この温泉に行くためだけに通っている様な道で、途中に何か立ち寄る場所があるという想定ではなかった。

ところが道を走っていると、道の両側に結構頻繁にレクレーションエリアを示す看板が立っていて、それらの殆どは、看板自体がそもそも雪に埋もれている感じで、冬に使われる事を想定している場所では無かったものの、中には、車が通った後のあるものがいくつかあり、そのひとつに入ってみることにした。

c0080101_18233976.jpg
立ち寄ったトレイルの名前は、「Granite Tors Trail」という1周15ml(約24km)のループトレイルがあるレクレーションエリア。当然雪に覆われているわけだが、何本もの車の後があり、冬のアウトドアアクティビティ、スノーシューイングやクロスカントリーなどをやりに来た人がいるのかもしれない。ただ、看板には夜営禁止とあり、冬期間はキャンプ等禁止の様だった。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2010-04-09 22:42 | Travel Log
ALASKA - Day 2: The Road Trip.
アラスカ二日目。

初日は夕刻にフェアバンクスに到着したことと、乗り継ぎに時間がかかって微妙に疲労感があったことから、ホテルにチェックインし、明るいウチにその寒さを感じておくためと近くに何があるかを知るために少しばかりホテル周囲を探索し、夕食を買って来た以外は特に何もしなかった。

疲労感というのは間違った感覚ではなくて、本当に疲れていたのだろう、9時頃には眠たくなって10時までには眠りに入ったと思う。

朝、ホテルには朝バイキングが付いているため、たくさん寝ても寝起きに苦労する中、朝食サービス時間内に食堂まで行かねば、ということでのっそり起き、なかなかいい感じの朝ご飯を食べた。

その後昼前にレンタカーを拾って、そのままロードトリップへ!
c0080101_645358.jpg
こいつが今回の車。ちょこっと厳ついルックスだけど、SUVではない。4WDでもない。でもハッチバックで良かった。

この一枚を見て、「あれ?」という点にすぐに気がついた人は鋭い洞察力を持っているかも。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2010-04-05 21:28 | Travel Log
明日から写真掲載再開します!!!
初回のアップロードを最後に放置になっていて、お待ちいただいている方には非常に申し訳なかったのですが、明日から写真掲載再開します!


アラスカから戻ってから掛っきりだった仕事が“ほぼ”一段落ついたのですが、この仕事に関連する事でご報告もあるので、アラスカエントリーと並行してその内ご報告いたします。

ボクの拙い写真でも楽しみにして下さる方がいるというのは写真をやる上で非常に励みになっております。オフライン(メール)でのメッセージも身に余る数いただきますが、これからもボクとこのブログ、そして、Leoism!をどうぞよろしくお願いします。

c0080101_1972860.jpg

[PR]
by leoism | 2010-04-05 19:08 | News, Column
Heat in the Vancouver! -3- People in Vancouver. (ブログdeフォトコンテスト応募作品)
c0080101_20272577.jpg

第一回第二回とオリンピック開催地、バンクーバーの様子を紹介しました。今回は最終回として、バンクーバーの街を歩く人たちを紹介しようと思います。(今回のエントリーは「BPC応募を兼ねたエントリーです」)

上の一枚はホッケーの応援に向かっていると思われる女の子たち。大きな国旗を降りながら歩く様子は五輪ならでは。

日本でも話題になったらしいけど、この子たちの手に着けているミトンは大人気で開会式でカナダ選手が着けているのを見て気になっていたのに、どこに行っても売り切れだった。。。確かに右を見ても左を見てもこのミトンを着けた人だらけだったからなぁ。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2010-02-28 21:10 | Travel Log
Heat in the Vancouver! -2- Atmosphere of the Host City.
昨日のエントリーの続き。バンクーバーの街で撮った写真をダイジェストで載せて行きます。

c0080101_19324323.jpg
まずはバンクーバー美術館前にあった元々開催までのカウントダウンを表示していたであろう看板。今は開会からの経過時間(日数)を表示している。大会終了後は撤去されるのかな?

Continue --->
[PR]
by leoism | 2010-02-28 01:03 | Travel Log
Heat in the Vancouver! -1- To the Olympic Torch.
アラスカに行く準備で忙しいのだが、行かない訳にはいかんでしょ、ということで、バンクーバーに行って来た。

日帰りだったのだけど結構撮ったので、2回か3回に分けて投稿しようと思う。今回はとりあえず聖火台に辿り着いたところまで載せたいと思うのだが、その聖火台周辺を撮った動画、生まれて初めてYouTubeにアップロードしてみたので、せっかくなのでその動画を最初に紹介しようと思う。



全くもって加工していない動画だが、YouTubeに載せるのがこんなに簡単だったとは!という感じだ。

説明としては、聖火台とそれを囲むフェンス(大会当初クレームが出て改善されたとか)からその周辺、そして、聖火ランナーが持って走ったタイマツを持って記念撮影をしている人たちまでを映してみた。(記念撮影はもちろんした♪)

聖火台がこういう感じで観られるのはとても良かった。聖火台の左側には上から観られる展望台もあった。(30分待ちとのアナウンスがあったのでスキップ)

Continue --->
[PR]
by leoism | 2010-02-27 20:10 | Travel Log
RAFT Project: How to Log My Adventure? - 2 -
今日は、ふたつ前のエントリー、"RAFT Project: How to Log My Adventure? - 1 -"の続き。

前回、「ジオタグ」に関して話した。最近の“デジフォト”におけるトレンドとして、「撮影地情報」を組み込む事が“ナウい”という話。

“デジフォト”にはExif情報などの「メタデータ」が付加されていて、撮影機材、露出情報や撮影設定がずらーっとリストされるわけだが、その一項目として、「撮影地情報」を組み込む事になるこの新テクノロジーは、写真を楽しむ人全員が全員必ず幸せになるという物でもない。

同データは写真を楽しむ際にある程度自分の努力によって“価値”を引き出せる人じゃないと、あまり使えない。

これは同じく「メタデータ」である、シャッタースピードや、絞り値などの情報と一緒。例えばファッション雑誌を見て、「このショット、SSどれくらいだろ?」とか思うのは、フォトグラファーたちだけだ。普通、「あ、この洋服かわいい♪」とか「●○ちゃんほそーい」とか思うところだ。

ただ、奇麗な風景写真を見て、「これ、どこ??」と思う事はあると思う。また、旅行写真なんかを見ていて、それがパリで撮った事は覚えているけど、パリ内のどこだっただろう?と思う事もあるだろう。そして何より、前回も書いた通り、今後どんどんどんどん増えて行く一方の“デジフォト”に置いて、素早く探している写真を見つけ出す手段は多ければ多いほど好ましく、この「撮影地情報」はその“手段”になりうるのである。
c0080101_17493768.jpg
例えばこの一枚。Washingtonが誇る4,000m級の山、Mt. Rainierの“近く”で撮影した。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2010-02-23 18:16 | News, Column
【受賞】 デジキャパ!3月号佳作「Piggie Tail!」
今日(20日)発売分の学研「デジキャパ!」3月号に「Piggie Tail!」という写真が佳作として掲載されています(↓こいつです)
c0080101_16315764.jpg
「デジキャパ!」誌では昨年8月号にWBCの写真で金賞をいただいて以来の掲載となりました。

こういう風に書くとよくないかもしれないですが、「デジキャパ!」誌は初心者向けカメラ雑誌で、2月号分の応募から、“そのレベル”に合わせた写真の投稿にシフトしていました。その2月号では「あと一歩!」にリストされ、今回佳作ではありますが、掲載に至ったので、やはり、フォトコンに応募する際はそのコンテストの傾向やレベルを認識して、適切な作品で応募する事が大切かもしれないな、と思った受賞でした。

そういう意味では、“狙って獲った”感じがあるので、そういう意味での嬉しさはありますが、やはりメインで撮っている風景画で大きな賞が欲しいな、と欲が出てしまいます。自分の写真にそれだけの価値があるのかはわからないですが、今年は“そういう賞”を獲る事も目指して、よりレベルの高いフォトコンに挑戦していこうと思っています。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2010-02-20 16:45 | News, Column
RAFT Project: How to Log My Adventure? - 1 -
企画復帰の前回に続いて、RAFT Projectに関するお話です。

今回は、前回エントリーの最後の方で書いた、“実験”の話を紹介しようと思うのだが、「ジオタグ」というものをご存知だろうか?

写真には「メタデータ」という物が付いていて、例えば撮影機種情報だとか、露出情報などという物がそれだけど、その「メタデータ」に、“撮影地情報”を組み込むのが「ジオタグ」の役割だ。

これは正に今最も注目の新ムーブメントで、GPS内蔵のカメラもちらほら出ると共に、この「ジオタグ」を記録するためのカメラ周辺機器がどんどん発売されている。

大手でこれに早くから取り組んでいたのは恐らくSONYだと思う。
c0080101_1753871.jpg
こちらのページに載っている、『GPS-CS1KSP』というロガーが最初に発売され、今は『GPS-CS3K』というロガーが発売中。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2010-02-19 17:57 | News, Column
RAFT Project: Re-start the Project Now and Get Ready for the ALASKA!!
 RAFT Project - Road to Alaska Field Tour Project.

昨年6月に、このエントリーにて最初に発表し、その後10月に、こんなエントリーで少し触れたきり放置していたプロジェクト。

そのネーミングの通り、“アラスカでのフィールド撮影旅行への道”に向けての活動や企画、準備を本ブログで随時紹介していくつもりで偉そうにプロジェクト名まで付けてスタートした。

昨年発表時には、このブログを従来の形から“フィールド撮影記録”中心にシフトし、ブログ名を「NATIONAL LEOGRAPHIC」に改め、ガンガンフィールドに出て、撮りまくるぜ!という意気込みを表明。

シアトルやその近郊には、そういう意気込みを受け止めてくれる場所が沢山あり、発表以来、それまでに無く活発に撮影活動に勤しみ、成果もあったと思う。しかし、“夢の撮影地”というテーマに対してボクが選んだALASKAという場所には、そんなシアトルを凌駕する物が待っていると思っている。

ボクは、この撮影旅行が、自分の“写真ライフを大きく変える場所”になると信じており、やはりこのブログでもある程度の扱いでその過程を紹介して行こうと思い直したので、実はもう2週間後にはその旅行に行くのだけど、少しだけでもここに紹介して行こうと思う。


リスタート第一弾の今回は上記の事を書くだけに、、、とも思ったのだが、写真が無かったら面白く無いので、今日撮りたてほやほやの、雪山で撮影練習した写真から一枚載せておこうと思う。
c0080101_2295213.jpg
山の向こうに陽が沈んだ頃の一枚。この時点では気温は丁度0℃くらいだったと思う。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2010-02-18 22:32 | News, Column