Top

NATIONAL LEOGRAPHICはこちらに移転しました!!!








[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

Alaska - Day 4: World Ice Art Championships 2010. - 3 -
前回に続いて、氷のワールドカップからの写真を続けます。

すごく美しい氷像の数々に、感動続きだったこのイベントだけど、やっぱり撮影力が不足しているのだろう。感動があまり伝わらないみたいで残念、無念。とりあえず、用意していた残りの写真を載せてIce Art Championshipsの件は終わりにしようと思う。

c0080101_13185582.jpg
日本人アーティストによる作品。


Continue --->
[PR]
# by leoism | 2010-07-07 13:41 | Travel Log
Alaska [20] - Day 4: World Ice Art Championships 2010. - 2 -
前回に続いて氷のワールドカップの続きです。あまり反響が無いので、今回は写真だけさらっと載せて終わります。

c0080101_5314747.jpg
たまごを狙うサーベルタイガー

c0080101_532244.jpg
ルアーと跳ねるさかな


Continue --->
[PR]
# by leoism | 2010-07-05 05:50 | Travel Log
Alaska - Day 4: World Ice Art Championships 2010. - 1 -
前回まで紹介した「Denali National Park」(デナリ国立公園)は、日帰りで日の高い内に引き上げた。

北緯の高い土地で冬期とはいえ、6時くらいまではまだ空がやんわり明るい。

c0080101_1711752.jpgFairbanksに戻った後、ホテルでしばし休んだ後、ホテルからそんなに遠くない場所で開かれていた、アイスショーを見に行った。

Ice Alaska(アイスアラスカ)が主催する、「World Ice Art Championships」(世界氷アートチャンピョンシップ)というイベントで、いわば、氷アートのワールドカップだ。世界各国から、氷アートの猛者たち70組以上がフェアバンクスに集結するこのイベントだけは、全米でもそれなりに有名で、冬期にフェアバンクスに訪れて、スルーするなんてあり得ないレベルのイベント。

どんなカテゴリーでも、アートと名のつく物への興味が隠せないボクは、当然行かないわけが無かった。

ということで、これから数回に分けて、その“氷のワールドカップ”の様子をご紹介しようと思う。

初回の今回はエントランスから氷の迷路までを載せてみます。反応を見て、続きの投稿を考えます。

c0080101_1761091.jpg
各種看板も勿論氷で作られている。


Continue --->
[PR]
# by leoism | 2010-07-02 17:35 | Travel Log
Alaska - Day 4: Denali National Park - 2 -
前回のエントリーで、ゴーストタウンと化したデナリ国立公園の一部を紹介したけれど、同エントリーでも書いた通り、それはデナリの厳しい冬の環境が理由で、冬に同公園を訪れる人は稀で、そもそも、政府により入園自体が制限されているので、宿泊施設や案内所などの施設は基本的に夏期以外は閉められているのである。

c0080101_14522056.jpg
この日も、深い雲に覆われた山脈の中に一本進む道は、凄まじい強風で車ですら運転にすごく気を使う様な状況で、ひとたび車から出れば、強風もそうだが、マイナスの気温が厳しい環境を即座に感じさせてくれる。幸い行き交う車が少ないため、急なハンドルミスで事故を起こしそうだという心配こそあまり無いものの、仮に雪でも降ろう物なら、所々白く覆われる道と合わせて、運転を続ける事を躊躇させるに充分な理由になっただろう。

Continue --->
[PR]
# by leoism | 2010-06-29 15:30 | Travel Log
Alaska - Day 4: Denali National Park - 1 -
前回前々回のロードトリップを経て、やっとDenali National Park(デナリ国立公園)に到着。

今回はゴーストタウンと化していた、レンジャーステーションや多数の宿泊施設が並ぶ、公園に訪れる人たちがベースにする(ハズの)場所の様子をお伝えしようと思う。前から報告している通り、デナリは9月以降はパーミッションなき者の入園を制限しており、それは基本的に雪に覆われてすることが無いからという事もあるけれど、する事がないというよりも、命の危険が至る所に存在するからであり、この日も、春に向かうそれなりに日の照る日だった物の、厳冬のアラスカと大自然の偉大さを感じる日であった。

c0080101_14331958.jpg
公園の看板。いくつかあって、載っている動物がそれぞれ違った。


Continue --->
[PR]
# by leoism | 2010-06-25 14:53 | Travel Log