Top

NATIONAL LEOGRAPHICはこちらに移転しました!!!








[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

カテゴリ:My Gears( 23 )
【Software】 Apple Aperture 3.
今回は、9日に発売になったAPPLEの写真管理ソフト、「APERTURE」の最新バージョン、「APERTURE3」を導入したので1日半いじってみてのざっくりとした感想と合わせて、同ソフトを全く知らない方用に簡単なソフトの紹介を書いてみようと思う。

APERTURE」はAdobeで言うところの「Lightroom」と同カテゴリのソフトで、“写真管理ソフト”とくくるよりも、“写真運用ソフト”とか、“映像統合ソフト”という感じで、「管理」、「編集」、「出力」を一本のソフトで(ほとんど)済ませられるソフトだ。

Adobeの「Lightroom」が「編集」部分に同社の「Photoshop」の能力をあてているのに対して前バージョンの「APERTURE」のそれは、正直弱かった。元データに手を加える事なくレタッチは編集が行えるフローは無駄にファイルデータが膨らまないし、元データに戻したい場合にすごく簡単というメリットがあり、それが「APERTURE」の魅力であったが、多くの場面で「編集」部門を「Photoshop」に一度エクスポートして、編集後戻すというフローが必要だった。

今回のメジャーバージョンアップでは、そんな弱かった「編集」部門が強化された。特にブラシ機能が豊富で、これはAPPLEのホームページに用意されている動画をみていただいた方がわかりやすいと思うが、とにかくなかなか融通が利きそうで、期待している。
(このブログでも時間があったらレビューします)

c0080101_17462384.jpg左の画面が「Library」ビューで、「管理」部門のインターフェイス。

画面左にフォルダやアルバムが並び、フォルダ分けして“管理”するのだが、iPod用のソフトとしておなじみの、音楽管理ソフト、「iTunes」を使っている(使った事がある)方ならわかると思うけれど、「スマート○○」というのがとても便利。「スマート○○」は、例えば、「スマートアルバム」というのがある。

この画面は実際のボクの物だが、一番下に二つ、「猫LOLA」というのと「花」というのが並んでいるが、これがそれで、「猫LOLA」のスマートアルバムには、“LOLAというタグが付いている写真全て”という条件を付けている。これにより、数万枚の写真の中から“LOLA”というタグが付いた写真が全てこのアルバムに収納される。

この条件付けはもっと複雑に出来て、“「2008年以降」「2010年以前」「K100Dで撮影した」「シャッタースピード1/10〜1/100の間」の写真を集める”なんて感じの細かい条件に合った写真だけを集める事も可能だ。「APERTURE」では、タグとしてキーワードを付加したり、0〜5星までランク付けしたりも出来るので、“2006年〜2008年にK100Dで撮った、★4つ以上の風景写真”というアルバムを作るのもラクチン(アルバム名は「My favorite K100D Photo in 2006-2008」とか)だから、写真歴が長くなれば長くなるほど増える一方の写真の中から必要な写真を見つけ出すのも、管理するのも非常に楽になる。

Continue reading about "Apertuer" --->
[PR]
by leoism | 2010-02-14 19:00 | My Gears
【Accessary】 Sub (car/plug) Charger for K-7
機材紹介第三弾は、前回紹介した予備バッテリーの相棒、充電器を紹介しようと思う。

前回のエントリーで、「K-7」にアップグレードして以来抱えていた“電池不安”の話をした。

K-7」以前は、「K100D」や、「K200D」といった単三電池(eneloop)対応機種を使用していたため、“最悪どこかで買える”という安心感や、汎用性がいいため複数の電池を所有しやすかった背景から、充電池に関する不安を抱くはなかったのだけど、専用充電池採用の「K-7」になってからは、1本の電池だけでは不安になっていた。

そのため、前回紹介した通り、(純正ではないが)予備バッテリーを購入したわけだが、それに加えてさらに心強いアイテムを手に入れた。

c0080101_1835559.jpgこちらも予備バッテリー同様、純正品ではないが、「K-7」専用バッテリーである、「D-Li90」対応の充電器で、コンセントからの給電に加えて、車載シガーラーターソケットからの給電に対応している点で、純正品である、「バッテリー充電器キットK-BC90J」より利便性が高い。

ボクは、デスクの下に純正品(本体について来た分)を配置しているのだけど、旅行に出る際は勿論、撮影が多くなりそうな場合でも“念のため”充電器は持って出たいから、毎度デスク裏奥の方にあるコンセントタップからケーブルを抜いて、バッグにしまうという作業が必要だった。

実際のところ、同時に使うということはないのだから、出かける時にいちいち持ち出せばいいだけなのだが、どうしても面倒だったり、夜にかけて電池を充電しているなどの都合で、出かける直前に用意しようとして、“コロっ”っと忘れて来てしまうなんて事は多々ある(ありますよね??)。

とにかく、そんな都合から、「K-7」を買って以来、出来たらサブ充電器も手に入れたいな、と思っていたわけだ。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2010-01-27 19:32 | My Gears
【Accessory】 Alternative Battery for K-7.
前回の"Lens in a Cap"に続く、機材紹介シリーズ第2弾は、「K-7」用のサードパーティー製代替えバッテリーを紹介しようと思う。

ユーザー以外には不要な情報かもしれないけれど、興味があったらどうぞ。

K-7」以前に使って来た、「K100D」や、「K200D」は単三電池駆動だったため、eneloopを使っていた。eneloopは汎用性が高いから何十本も持っていたし、最悪撮影先でもゲット出来る確率が高かったため、安心感という意味では専用充電池を採用するデジイチよりアドバンテージがある。そのため、「K-7」になってからは、充電池に不安を持っていた。

K-7」が採用する専用電池、「D-Li90」は仕様上1,000ショット近く撮影出来るので、多くの場合充分と考えられる。しかし、例えば充電を忘れていたり、ストロボを多様したり、背面液晶での確認や設定などを長く弄ったりすると電池の消耗は早くなり、予定より早く切れてしまう。何より、リチウム電池の特性として、低気温環境下での消耗が激しいという事実がある。この春に控えているアラスカ行きでは、昼間でも零下の気温が予想されるので、この事もとても気になっていて、やっぱり1、2個はサブ電池が欲しいな、と思っていた。

ただ、eneloopと違って、「K-7」にしか使用出来ない電池に、¥8,400(定価)はなかなか出せない。米国のAmazon.comでは現在最安値$39.39Amazon.co.jpでは¥6,354)で売られており、日本の定価と比べたら半額以下にはなっているけれど、それでも、まだ躊躇はしてしまう額だ。

ということで、今回、eBay.comにてサードパーティー製の代替え電池を試してみる事にした。

c0080101_17575766.jpgさて、どれが、PENTAX純正バッテリーかわかるだろうか?

eBayを見てると、多数の代替えバッテリーが出品されていて、その殆どが中国か香港からの出品だ。たまに充電バッテリーが燃えたとか、爆発したとかというニュースを聞くし、代替えバッテリーの使用により、本体が壊れたという話も聞かないことはないので、信頼性という意味で心配はある。数十ドルをケチって、千ドル以上するカメラが壊れたら悲しいでは済まない。

また、出品の多くは、純正品と容量が違っていて、そこに拘ることで安全性・信頼性があがるのかはわからなかったけれど、今回は純正品と同じ、1,860mAhの物を購入した(一番多いのが1,400mAhの品)

この写真で見える外観だけではその違いを見分けることはほぼ不可能なので、恐らくカバーは純正と同じ物を使用しているのだろうと予想されるけれど、中身の電池ユニットが違うのだろう。純正と非純正はこの裏側を見たらすぐにわかる。

どれが純正電池でしょうか?? (続きを読む) --->
[PR]
by leoism | 2010-01-26 18:39 | My Gears
【Lens】 LOREO "LENS IN A CAP".
29回に渡るSan Francisco旅行記の掲載が終わったので、ここで少し一息つきましょう。

冬の間、あまり積極的に撮影に出られない間に色々と機材を揃えたりしていたので、その一部を紹介しようと思う。

今回紹介するのは、LOREOの「Lens in a Cap」。

恐らく多くのデジイチユーザーは、移動時、バッグ収納時でも手持ちのいずれかのレンズをマウントした状態でカメラを持ち歩いていると思う。自分も多くの場合そうだ。

レンズをマウントしたままだと、カメラは(上から見て)「L」字型になるので、若干無駄なスペースが出来てしまう。よって、レンズを外して収納する方がバッグに無駄なく機材が収納できるという理解になるわけだが、一々マウントキャップをはめては取って、レンズ付けて、撮影して、またレンズ取って、マウントキャップをはめて〜というのを繰り返すのは骨折りだ。

だから多くの人は最も多用するレンズを付けておくか、一番最後の撮影時の状態でバッグに入れると思う。

ただ、旅行時とか移動距離が長い時にバッグのスペースの都合でやっぱりどうしてもレンズを外して収納したい時というのはあるし、サブカメラを持っている人なんかもサブの方はマウントキャップにして、コンパクトに持ち歩きたいかもしれない。しかし、そうしていると、“いざ”という時にカメラを取り出してから撮影するまでに時間がかかって、“いざ”の瞬間を逃してしまいそう。

という事で、今回は、“レンズが付いたマウントキャップ”の紹介。
c0080101_1964083.jpg


Continue --->
[PR]
by leoism | 2010-01-24 23:04 | My Gears
PENTAX-DA*16-50mm F2.8ED AL[IF] SDM.
c0080101_9204082.jpgK-7は撮影者を「その気」にさせるカメラだと思う。そして「撮る気」を刺激するカメラであり、「いい写真が撮れてる」と勘違いさせてくれる所もあるかもしれない。「写欲」、という言葉を使う方がたまにいるけれど、K-7はそいつを刺激するよくで来たカメラだと思う。

さて、そんなK-7に「その気」にさせられて、折角一緒にDA18-55mm WRという簡易防滴付きの標準域をカバーするズームレンズを買ったにも関わらず、何倍もの値段、サイズ、重量のレンズを買ってしまった。

言わずと知れた、PENTAXのフラッグシップ標準ズームレンズ、「PENTAX-DA16-50mm F2.8 SDM」だ。

広角16mmからカバーし、ズーム全域でF2.8通しの明るさを持ち、SDMに対応、そして防塵防滴を謳うタフネスズームレンズで、フィールド撮影の友として期待大のレンズだ。

ただ、同時発売された「DA50-135mm F2.8 SDM」と異なり、評価が大きく分かれるレンズで、広角側の歪曲がひどいとか、F8まで絞らないと使えない、とか、ハマればシャープですごい(こともある)んだけど、じゃじゃ馬、などという声がたくさん聞かれて、PENTAX贔屓で知られる有名な人も“肩すかし”を食ったとブログで発言していた。

それが理由じゃないけど、ボクは超広角10-20mmをカバーするレンズは既にあるし、その次は30mmの単焦点があり、描写に満足しており、50mm付近をカバーしたいことは稀だったので、全然眼中に無かったレンズだった。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2009-12-14 20:03 | My Gears
PENTAX K-7 and DA18-55mm WR First Review.
c0080101_1817154.jpgもう2ヶ月も前のサンフランシスコの旅行記、ぼちぼち載せて行ってるけど、あんまり反響もないので、一端中断して、この秋から少しずつ増えたギアのレビューや紹介記事を書いて行こうと思う。

最初の今回は、うっかり忘れていた、というか、その気すらなかったのか、『PENTAX K-7』の事を一切書いてなかったので、まずは現在の主力カメラ、『PENTAX K-7』について、約3ヶ月使った上での感想や、評価を書いてみよう。

まず、9月にゲットした時のファーストインプレッションは、これまで使って来た『K100D』、『K200D』両機と比べてやっぱりちょっと重く、やや大きいな、というのがあった。だけど、購入前に散々右手小指の納まりに関して調べた事もあった、ホールディング性は格段に良くなっていて、持った印象はしっくり手になじむ感じだった。

丁度、お祭りに来た時に受け取ったというのもあって、フェスティバルの様子や、動物、乗り物を撮ってフィーリングを確認したのだけど、とても気持ちよい撮影が出来た。

その次の日、今度はフィールドへ持ち出したのだけど、シャッターを切るのがとても気持ちよく、「こいつは撮影者を“その気”にさせる一台だな」と思った。

個人的にはAF速度はそこまで求めていないので、『PENTAX K-7』の売り性能の中では、「ファインダー100%視野率」、「水準計」、「自動水平補正」の3点が気になっていたが、フィールド撮影においてこの全てが嬉しい機能だった。

ボタン配置がKx00DシリーズやKx0シリーズと比べても大幅に変更になっていて、既存ユーザーには慣れという意味でユーザーフレンドリーではないのだけれど、意外にこの配置は利にかなっていると感じていて、すぐに慣れる事ができた。初心者・初級者向けシリーズからのアップグレードだったので、機能が増えて、操作に戸惑うかも、という心配は、取り越し苦労に終わった。

c0080101_18175940.jpg


Continue K-7 Review --->
[PR]
by leoism | 2009-12-11 23:50 | My Gears
My Day-Trek Gear.
夏なのに、なかなかフィールドに出られない日が続いていたのですが、昨日約1月ぶりにトレッキングに出掛けて来ました。

当初はオリンピック国立公園の方まで行こうと思っていたのですが、夕方に用事ができてしまい、比べて近場の、「Twin Falls」という滝のある公園に変更になりました。
オリンピック国立公園を楽しみにしていたので、ちょっと残念でしたが、久しぶりのフィールドはとても楽しかったです。

その様子は写真の整理が終わり次第順次アップしますが、今日は、ボクの日帰り時の装備を紹介してみようと思います。

c0080101_18262930.jpg
これが自分と衣服以外に身につける主な装備です。

見ての通り、スリング型のバッグとトレッキングシューズです。

シューズにタグがついているのは、この日がデビューだったからです(Rattlesnakeに行った時に撮影したものです)。

Continue...
[PR]
by leoism | 2009-07-03 03:06 | My Gears
Store Closing SALE! - Got new flash and more!!
PENTAXから、『K-7』という素晴らしい新機種が発表になった今日、ショッピングモールに入る小さなカメラ屋さんの店じまいセールを物色して来ました。

c0080101_13132682.jpg
床に並べただけの適当な写真で申し訳ありませんが、これだけ救出して来ました。

真ん中上から時計回りに、「PENTAX D-BG3」(K200D用縦グリ)、「SUNPAK スレイブ・フラッシュ」、「K100D読本」、「52mm→49mmステップリング」、「PENTAX AF-200FG」、「smc PENTAX-DA18-55mm AL」、そして真ん中のちっさい集団が「PENTAX リモート F」(一眼用リモコンシャッター)。

縦グリは、既に持っているため、要らないのですが、$13という値段に予備で買っちゃいました。読本も、今更読む事なぞないのですが、$2だったので、念のため(写真に写っていないけど、K100Dの分も$1.70で購入)。

もっと要らなかったのは、標準キットレンズである、「smc PENTAX-DA18-55mm AL」。2本あってもね。というレンズなのですが、これまた$30というお値段に、捨ててもいい気持ちで使えるし、という感じでゲット。しかし、キットレンズは、「K-7」とキット売りされるWR仕様の分を一緒に購入予定なので、そろそろ売ってしまいたい、「K100D」にくっつけて売る様にゲットした感じでもあります。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2009-05-21 13:43 | My Gears
PENTAX ZX-7 and smc PENTAX-FA28-80mm.
今日、新しくフィルムの一眼をゲットした。1999年発売の『PENTAX ZX-7』という機種。

日本では"MZ-7"という名で売られていたそうだけど、これまで持っていたKマウントフィルム一眼(K1000)はマニュアルフォーカスだったので、AFが使えるフィルム機ということで買ってみた。

というか、レンズ付きで$40というお買い得プライスだったのが決め手 p(^-^q

c0080101_426129.jpg
付属レンズは『smc PENTAX-FA28-80mm』。いわゆるキットレンズと同ランクの標準安ズーム。

Continue...
[PR]
by leoism | 2009-04-26 13:00 | My Gears
拡大アイカップ、O-ME53
今日、日本から拡大アイカップ、『O-ME53』が届いた。

マクロレンズを買って、被写界深度の浅い状態でのマニュアル撮影をやるのには、『K200D』のファインダーではちょっとピントがつかみづらく感じてて、ネットで調べたところ、このアイカップを着ければファインダーの見やすさが格段に上がる、という口コミがたくさんあったので、値段もそんなに高く無かったから、ネットでポチっとやった。

K200D』の視野率は約96%で、倍率は約0.85倍。この拡大アイカップはこの倍率を1.18倍してくれるので、0.85x1.18= 1.003となり、上位機種である『K20D』の0.95倍より倍率が上回る事になる。

他社のエントリークラスのカメラの倍率を見てみると、Nikonの『D60』は0.8倍、Canonの『Kiss X2』が0.81倍、SONYは 『α350』、『α300』共に0.74倍という感じで、『K200D』と同じ“エントリークラス”にあたる機種の中では、0.85倍の倍率というのは元々大きい方だったらしい事がわかった。

ちなみに、Nikonの 『D90』は0.96倍、Canonの『50D』が0.95倍、SONYの『α700』は0.9倍という事で、PENTAX『K20D』の0.95倍も含め、中級機は『α700』を除き、四捨五入で1倍になるレベルはあるみたいだが、『O-ME53』を装着する事により、これらの中級機種より、ファインダー倍率だけはアドバンテージを取れる事だけでも満足感は得られるだろう。

アイカップの評価はいかに?? (続きを読む)
[PR]
by leoism | 2009-02-24 13:48 | My Gears