Top

NATIONAL LEOGRAPHICはこちらに移転しました!!!








[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

カテゴリ:Field Log( 47 )
Olympic National Park Day 1: La Push & Rialto Beach.
ちょっと間が開いてしまいましたが、前回に続いて、オリンピック国立公園からの写真を紹介したいと思います。

前回は温帯雨林の様子をお伝えしたわけですが、今回はその後で立ち寄った、二つのビーチからの様子です。

オリンピック国立公園の素晴らしいポイントのひとつに、温帯雨林、連なる山脈、そして、海、という3つの異なる自然の要素が一つの公園内に集まっているという点があるのですが、今回のキャンプでは、その全てを満喫しました。

前回も触れた通り、このオリンピック国立公園は、映画、「Twilight -初恋-」の舞台になっています(撮影自体はオレゴン州)。

c0080101_16591550.jpg
最初に立ち寄ったビーチ、「La Push」は映画に登場するビーチなのですが、到着後10分ほどすると、海の向こうの方からどんどん霧が押し寄せてきました。

映画では、吸血鬼たちがこの土地を好んで棲んでいるという事になっているのですが、その理由は、“霧が多く、陽が当たらない”ことなのです。うん、確かにこんな日が多いのだとすれば、吸血鬼たちには最高の住環境でしょう

Continue --->
[PR]
by leoism | 2009-08-20 23:24 | Field Log
Olympic National Park Day 1: Start 〜 Hoh Rain Forest.
先月、7/29, 30とで一泊、Olympic National Park(オリンピック国立公園)にてキャンプをしてきました。

キャンプと言っても、(勿論)テントで寝たものの、ほとんど他に遊びに行っていたので、寝場所がキャンプと同じだったというだけで丸2日大自然を満喫する旅でした。

公園の入り口まではシアトルから車とフェリーで2時間ちょっとで行けますが、なんせ3,734km²という広大な面積を誇る公園です。入り口(シアトルから行くと北東部分)から、反対側(北西部分)までさらに2時間弱の運転となります。

今回は、その「入り口」から「反対側」までのちょうど間くらいにあるLake Crescent(クレセント湖)という湖のほとりにキャンプを張りました。

この公園のキャンプ場は、ほとんどが、早いもの勝ちというルールのため、真っ先にキャンプサイトに向かいました。

11時台に着きましたが、平日だったのもあり、サイトは結構空いていましたので、さっさとテントを立て、初日の目的地であった、「反対側」よりさらに南にある、Hoh Rain Forest(ホーレインフォレスト)を目指しました。

この日は、元々シアトル側でも少し蒸し蒸しする暑い日でしたが、このHoh Rain Forestは温帯雨林で、かなりの湿度と気温があり、近くまで行って、車を降りたら、むっという湿度の高い空気特有の圧力を感じました。

何年も夏をシアトルで過ごしていたので、このむっとくる空気と、蚊が飛んでいる環境がきつかったです。

c0080101_2581791.jpg
しかし、温帯雨林独特のトレイルを楽しむためには、こればっかりはどうしようもありません。諦めて、蚊に刺されない様、長袖、長ズボンに履き替え、その下には虫除けスプレーを振りかけて、トレイルに出かけました。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2009-08-17 11:17 | Field Log
Mt. Rainier National Park '09 -7- : Meeting Marmot.
Mt. Rainier National Park(レーニア山国立公園)からの写真、最終回です。(過去エントリー:第一回第二回第三回第四回第五回第六回


これまで6回に渡ってお伝えして来たMt. Rainier NPからの写真ですが、今回で最後になります。

トレイルフォトは好き嫌いがあるのでしょう。あまり反響がありませんが、NATIONAL LEOGRAPHICでは今後もこういうエントリーを中心に更新していく予定です。トレイルフォトでは、トレッキングの様子や、小話も載せたらいいかな、と思っていましたが、特に反響も無いので、今後(とりあえず少しの間)は写真をトントン、と張って行く感じにシフトしようと思います。

ということで、2,000mの標高地から降りて来る途中に出くわした野生動物を紹介します。

c0080101_975943.jpg
マーモットです。


日本には生息しないらしい動物で、ネズミ目リス科マーモット属に属するちょっとずんぐりした大きなリスという感じのかわいい動物です。

マーモットは総称で、10数種類のマーモットがいるらしいのですが、こいつは多分Marmota olympus(オリンピックマーモット)だと思います。見分けがつくポイントがあったわけじゃなくて、ネーミングで、そう思います。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2009-08-01 17:21 | Field Log
Mt. Rainier National Park '09 -6- : Skyline Trail 2
Mt. Rainier National Park(レーニア山国立公園)からの写真、第六回です。(過去エントリー:第一回第二回第三回第四回第五回

前回に続き、「Skyline Trail」(スカイライントレイル)からの写真です。

c0080101_17595522.jpg
トレイルに入ってから、小一時間ほど登ったでしょうか。ここまで来るとさすがに山頂が近く、大きく見えます。

ここまで来ると、トレイルルートが雪で覆われ始めるため、ライトハイク、一般的トレッキング用装備ではこれ以上進む事は危険が伴います。

危険な理由は雪で滑るから、というわかりやすいものから、山の天候の恐ろしさ、体力の問題など、様々ですが、とにかく、事前の入念な登山計画、準備、装備なくして、これ以上に進むのは、夏と言ってもよろしくありません。

ということで、2,000mというひとつのくぎりに達成感と満足感を得、下山する事にしました。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2009-07-30 23:56 | Field Log
Mt. Rainier National Park '09 -5- : Skyline Trail 1
Mt. Rainier National Park(レーニア山国立公園)からの写真、第五弾です。(第一回第二回第三回第四回はそれぞれをクリックで)

メインイベントまで結構かかってしまいましたが、ようやく辿り着きました。

Paradise(パラダイス)と名付けられたエリアは、駐車場や、ロッジ、ヴィジターセンターなどが集まっており、ここから、Mt. Rainier本山の様々なトレイルに進めます。

c0080101_20131857.jpg
日曜日だったこともあり、たくさんの人出で賑わっていました。

後ろに見えるのが、標高4,392mの頂上です。

数あるルートの内いくつかはこの頂上へも続いていますが、大体標高1,800mくらいから雪や氷が見られる様になり、2,000mあたりからは夏でも、本格的装備を持っていないと登れません。

今回は、どの地点まで進むかはノープランで、とりあえず、「Skyline Trail」(スカイライントレイル)というルートを選び、登り始めました。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2009-07-27 23:33 | Field Log
Mt. Rainier National Park '09 -4- : Narada Fall
第一回第二回第三回とお伝えしてきましたMt. Rainier National Park(レーニア山国立公園)からの写真、第四弾です。

頂上へと続くトレールが始まるなど、最も大きな立寄スポットであるParadise(パラダイス)というポイントが最終目的地だったのですが、そこにたどり着くまでに様々なトレールや、ビューポイントがあり、これまでのエントリーでも紹介して来た様な場所に立ち寄りましたが、Paradise到着前最後に寄ったのがこの「Narada Fall」(ナラダ滝)です。

c0080101_14244293.jpg
こんな感じで虹がかかっていました。


ここはハイク/トレッキング不要で2、3分歩けば見られる滝ですので、誰でも見られます。
この日は滝壺を見下ろす角度に虹がかかっていてきれいでした。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2009-07-26 22:37 | Field Log
Mt. Rainier National Park '09 -3- : Cougar Rock
前回に続きMt. Rainier National Park(レーニア山国立公園、以下Mt. Rainier NP)からのトレイルフォトです。

Kautz Creek Trailを後にして今度は"Cougar Rock"という大きな岩があるポイントまでやってきました。

川とその周りを埋め尽くす小さめの石、岩が特徴的なエリアですが、この川を渡ると、再び森の中を歩けるトレイルがあるのです。

c0080101_143128100.jpg
こちらの川はかなりの激流でした。


こんな感じで先ほどの川(干上がりに近い?)より遥かに流れの強い(というか水量が多い?)川を、横にした樹を加工した感じの橋をそーっと渡って、反対岸まで超えます。

上の写真はそのほそーーい橋からの一枚です。

その後、予想よりだいぶんと急な山道を登りました。
地図によると、その先1kmほどの所に滝があるという事だったからなのですが、結局、その滝は、小さい(例えば高さ2、3mほど)滝がたくさん連なっているタイプの滝で、何十mも上から降り注ぐ様な滝ではなかった事を2kmほど登った後で知りました(涙)。

かなり急だったので、結構疲れましたが、滝が無かったことでダブルダメージでした(苦笑)。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2009-07-23 21:46 | Field Log
Mt. Rainier National Park '09 -2- : Kautz Creek Trail
レーニア山国立公園(以下Mt. Rainier NP)シリーズ第二回です。

前回は国立公園手前の湖からの様子をお届けしましたが、今回は国立公園内からの写真をご紹介します。

この日は合計3本のトレッキングをしたのですが、歩く事がメインだったので、基本的に写真は“トレイルフォト”となっております。興味の無い方にはつまらない写真かもしれませんが、953平方キロメートルという広大な国立公園の大自然を感じていただければ幸いです。

第二回の今回は最初のトレッキング(ハイキングレベル)として歩いた、"Kautz Creek Trail"からの写真をご紹介します。

c0080101_55494.jpg
奥に見えているのがMt. Rainierです。


ここは車を停められる場所からすぐの所にあるビューポイントなので、この景色だけでしたら、ほとんど歩かずに見られます。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2009-07-22 13:56 | Field Log
Mt. Rainier National Park '09 -1-
嬉しいフォトコン受賞が続きましたが、こちらでお知らせしたGANREFでの受賞条件として、応募した、“夢の撮影旅行”に実際行くことがありました。
よって、今後半年以内に実際にアラスカに行く事が正式に決まったのですが、ワシントン州にも素晴らしい国立公園はたくさんあり、昨日Mt. Rainier National Park(レーニア山国立公園)へ行ってきました。

ここはアメリカで5番目に国立公園として登録された公園ですが、その名の通り、Mt. Rainier(レーニア山)を中心とした国立公園です。

Mt. Rainierは標高が4,392mと、日本最大の山、富士山より600m以上高い山で、天気のいい日はシアトル市内からでもかなり良く見えます(なので、過去のエントリーでちょいちょい出てきてます)。

今回はまるまる一日かけて、計3本のトレッキングなどたくさん自然を満喫してきたので、写真も300枚を超す量を撮影しました。

ということで、今後1週間〜10日ほどの間、このMt. Rainierからの写真を紹介するエントリーが続くと思いますが、時系列に沿って、少しずつご紹介していこうと思います。

シアトルを出て約2時間。レーニア山がかなり大きく見える地点。しかし、まだ国立公園の入り口までは20kmほどある場所にある湖で、少し休憩しました。

c0080101_1758594.jpg
Alder Lake(アルダー湖)という細長いダム湖です。


ダム湖ですが、ピクニックスペースなどもあるこの公園エリアからはダムの気配は皆無です。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2009-07-20 23:10 | Field Log
Twin Falls -4-
Twin Falls -1-, Twin Falls -2-, Twin Falls -3-とお送りしてきましたTwin Fallsでの写真ですが、今回はこの時撮ったその他もろもろをご紹介します。

c0080101_9205491.jpg
清流のせせらぎショットです。


Continue --->
[PR]
by leoism | 2009-07-15 17:26 | Field Log