Top

NATIONAL LEOGRAPHICはこちらに移転しました!!!








[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

カテゴリ:News, Column( 71 )
新ブログについて
ブログを引っ越ししました!新アドレスは、下記の通りです。ブックマークし直し、お願いします!

http://natleo.exblog.jp

アカ名部分が従来の「leoism」から「natleo」に変更になっただけですので覚えやすいかなとも思いますが、とりあえずブックマークしちゃっていただけるとありがたいです!


それでは、新ブログの方でもよろしくお願い致します!
[PR]
by leoism | 2011-01-07 17:21 | News, Column
[引っ越し先変更!] 最終投稿
2006年から続けてきました、ここ、エクスブログでの写真ブログ。4年と少し、長い様で、すぐだった様な。

ボクの写真生活がほぼ全部まるまるつまったそんな場所ですが、今日、このエントリーを持って、最後の投稿とさせていただきます。画像容量的にはまだまだ写真を載っけられるのですが、心機一転をはかるため、新ブログに引っ越す事にしました。

新しいブログは、同じ「NATIONAL LEOGRAPHIC」の名称を引き継いだまま、下記のURLにて始めさせていただきます!

http://natleo.exblog.jp/

今のブログとどっちがURL覚えやすいかわからないけど、とっととブックマークしちゃってくださ!

「NATIONAL LEOGRAPHIC」を略して、「NATLEO」、“ナット、リオ”と発音する感じで省略呼称もインプットしておいて下さい(笑)。

同ブログは、2011年1月より始動します。(こっちはこの記事で最後)



...ということで、今回、この最後のエントリーでは、今年を写真で振り返りつつ、次のステップへと気持ちよく飛んで行けるような、爽やかな感じで綴りたいと思います。


1月。
c0080101_1247625.jpg
地球史上最大と言われる滝跡に行きました。「Dry Falls」(ドライ・フォールス)です。緑豊かで山の中はどちらかというと湿りがちなワシントン州西部とは異なり、同じワ州内でも、このドライ・フォールスのカラッカラぷりは驚かされました。氷河期が終わった後、想像も付かない量の水がこの場所に流れ込んでいたことを想像するのは簡単な様で、難しかったです。



2月。
c0080101_2034468.jpg
バンクーバーオリンピックの様子を観に行きました。シアトルからは国境越えを含めて、3時間台で行ける距離なので、バンクーバー自体はよく行く知った街でした。しかし、世界最大のスポーツイベントをホストする街の雰囲気は、言葉で表現しきれない特別な物でした。



3月。
c0080101_2059866.jpg
アラスカに行きました!

このアラスカ旅行は今年の撮影エクスペリエンスという意味では最重要キーイベントでした。極寒環境や、オーロラ、アイスショーや北極圏への旅などなど、たくさん経験することが出来ました。最高の撮影経験が得られた反面、多くの課題を認識することになりました。



4月。
この月は特に撮影に出ることはありませんでしたね。なんでだろう?iPhotoにもSafeco Fieldの写真しかない(笑)。



5月。
c0080101_17135582.jpg
初“Backpacking(バックパッキング)”に挑戦しました(こちらのエントリー参照)!バックパッキングは、テントや食料、衣類、寝具、全てをバックパックに詰めて、背負って、大自然の中に飛び込み、キャンプしながら自然を堪能する、そんな感じのアクティビティーです。10〜20kgにも及ぶ大きな荷物を背負って山道、林道を進みます。

苦労する代わりに、とてもとても素晴らしい体験が出来ます。



6月。
c0080101_8545468.jpg
雪に埋もれた、「Snow Lake」(スノーレイク)に行きました。

本当は6月ですので、雪はもう解けていて、快適にキャンプが出来るはずだったものの、今年は寒かった様で、絶好調雪の世界。霧も舞っていて、右も左も真っ白な世界の中、一泊する装備は万端だったものの、お泊まりはキャンセルして下山するという事になりました。(詳しくは、こちらのエントリーより3エントリー読んでみて下さい!)

寒くて、そして驚いたものの、興味深い体験でした。



7月。
c0080101_1285515.jpg
紹介自体は最近した、「Anette Lake」(アネット・レイク)でのBackpacking(バックパッキング)に行きました。↑上の「Snow Lake」からはとても近い場所にあるきれいな湖を望む、素敵な土地でキャンプ、撮影を楽しみました。(詳しくは、こちらのエントリーから2エントリーで紹介しています)


8月。
c0080101_5295657.jpg
七月末から八月中旬までは、諸用で色々巡りました。夏のシアトルはどのみち色々巡らないなんて超勿体ない感じなのですが、Mt. RainierやOlympic National Parkなどの国立公園はもちろん、Orcaを観に行ったり、とても忙しくしていました。

↑上の写真は初見になりますが、大好きなMountain Goat(マウンテン・ゴート)にも会いに行きました!



9月。
c0080101_5334944.jpg
この月は、再び「Snow Lake」(スノー・レイク)に行きました。6月のリベンジですね。

この時は日帰りだったので、Backpacking(バックパッキング)をする時ほどの重量あるバッグを背負ってはおらず、比較的軽量(計1kgくらい?)の装備でさーーっと行って、さーーーっと帰って来ましたが、やっぱり急な斜面は登るのがしんどくて、ここをよくあれだけの荷物を背負って、しかも雪の中登ったもんだ、と自分の過去の頑張りを感じました(笑)。



10月。
日本に帰りました。帰ってすぐにK-7を修理に出したため、10月は殆ど写真がありません(笑)。というか、2ヶ月日本にいる予定だったのもあって、最初の方はかなりのんびり過ごしていて、撮影に出ること自体ほぼ無かったのでした。



11月。
c0080101_5394526.jpg
紅葉シーズンです。京都に何度も足を運びました!

不思議な物で、というか、皆さんご経験されていることじゃないかとは思うのですが、地元にいる時は、そんなに出向かないのに、、、、というやつで、かつて京都に住んでいた時は横を通っても見向きもしなかった、そんな寺や神社の数々が、どれだけあることか。せっかく京都に住んでいたのに、当時は一切紅葉シーズンも桜シーズンも動かなかったんですよね。

今回は何回でかけたかわかりませんが、楽しい紅葉撮影が出来ました。



12月。
c0080101_544871.jpg
Las Vegasに行ったついでに、死の谷・「Death Valley」(デスバレー)に行って来ました!

夏期に踏み入れることが出来ない同地は、秋〜冬がピークシーズン。砂漠を歩いたり、アメリカで最も海抜が低い土地を見たり、大自然のミラクルを感じる色とりどりのカラフルな岩肌を見たり、とにかく大自然を満喫しました。すごい土地でした。



。。。という感じの1年でしたが、アラスカの件を紹介するのに時間がかかったり、ここに記事をアップするの自体すこし滞りがちになったりと、撮影に出て→すぐ紹介、という素早い流れが出来ないままダラダラ過ぎて行った2010年になってしまった様な気もしていますorz


一応、予定では、夏のMountain Goatに会いに行った話、Orcaを観に行った話、日本滞在中の話では、京都の紅葉、そして、この12月の「Death Valley」での様子などを新ブログの方でお伝えするつもりです。


新ブログでは、より撮影記的要素を強めたエントリーにしたいな、と思いつつも、「この一枚!」というものを求め続けるボクのモチベーションを高められるにはどうしたらいいかなぁ、と色々と模索中なため、“一新”!といいつつも、多分、当面はダラダラ調子になっちゃいそうな予感がしています。


とはいえ、4年以上お世話になったここのブログを去るのですから、それなりに、“心機一転”感を持って頑張ろうと思います。


このブログではたくさんの方にご訪問いただき、時にはコメントをいただいたり、お世話になりました。

次のブログでも是非是非よろしくお願い致します!


それでは、よいお年を!


*写真はクリックすると大きいサイズがポップアップします。



ココロに響く1枚はございましたでしょうか?ご感想やコメントをいただけると勉強になります。

Follow me on Twitter!
パーソナルサイトのLEOiSM!の方も覗いてみて下さい!


[PR]
by leoism | 2010-12-31 12:00 | News, Column
自然を撮影するということ
しばらく投稿が滞ってしまっていますが、今回は、別の媒体で一度載せたお話を転載という形でエントリーさせていただきます。


先日、下記のようなニュースがありました。

オリンピック国立公園で、63歳のハイカーがマウンテン・ゴートに角で突かれ、数時間後に死亡するという事故が発生した。死亡したのは、ポート・エンジェルス在住のロバート・H・ボードマンさんで、Klahhane Ridge をハイキングしていた途中の出来事だったという。同国立公園内には約300頭のマウンテン・ゴートが生息しているが、利用者がマウンテン・ゴートに襲われ死亡したのはこれが初めて。パーク・レンジャーはこのマウンテン・ゴートを捕獲して殺害。これから獣医病理学者が分析を行うという。このマウンテン・ゴートは攻撃的な行動で知られ、"数年前" から監視されていた。』


http://www.komonews.com/news/local/105133154.html(元記事)


ボクは、2年前に同公園で初めてこの、マウンテン・ゴート(シロイワヤギ)に出会い、野生動物との出会いや、大自然と接することの素晴らしさを知りました。その時の様子は、本ブログでも紹介した(1話2話)けれど、この時撮った写真の一枚(下記)は、GANREFのコンテストで評価していただき、後にアラスカ旅行に行くきっかけにもなったし、また、他にも多くの方に好評価をいただいたり、その後の撮影ライフに少なくない影響を与えられた出来事となりました。

c0080101_1323434.jpg

このマウンテン・ゴートとの出会いをきっかけに、自然の撮影に目覚めたボクは、以降ワシントン州を中心にアメリカの壮大な大地を撮り続けて来ました。今年の夏には2年ぶりにマウンテン・ゴートに会いに行きました。(下の一枚はその時に撮った一枚)

Continue --->
[PR]
by leoism | 2010-11-10 22:13 | News, Column
明日から写真掲載再開します!!!
初回のアップロードを最後に放置になっていて、お待ちいただいている方には非常に申し訳なかったのですが、明日から写真掲載再開します!


アラスカから戻ってから掛っきりだった仕事が“ほぼ”一段落ついたのですが、この仕事に関連する事でご報告もあるので、アラスカエントリーと並行してその内ご報告いたします。

ボクの拙い写真でも楽しみにして下さる方がいるというのは写真をやる上で非常に励みになっております。オフライン(メール)でのメッセージも身に余る数いただきますが、これからもボクとこのブログ、そして、Leoism!をどうぞよろしくお願いします。

c0080101_1972860.jpg

[PR]
by leoism | 2010-04-05 19:08 | News, Column
第20回「ブログdeフォトコンテスト」の一般投票が開始になりました。
第20回「ブログdeフォトコンテスト」の一般投票が開始になりました。

2009年度分で“2009年間優秀応募者賞”というのをいただいた同コンテストも5回目の参加で、今回から審査員もやらせていただく事になりました。

ということで、今回のプラスワンテーマ、「祭り・歳時」に対して肩肘張らず、先日行った、バンクーバーオリンピックの様子をお伝えしたエントリーにて応募させていただきました。

“この1枚!”という応募とはちょっと違ったアングルでの参加がどのようにとらえていただけるのか、という意味で写真の可能性を模索しようという狙いですが、どうなるでしょう?

下記のリンク先より一般投票も受け付けておりますので、お時間ございましたら覗いてみて下さい。ちなみに、(タイトル長いですが)「第20回BPC「祭り・歳時」・決選Cブロック」一番下に入っている、『Heat in the Vancouver! -3- People in Vancouver.』というのがボクの応募エントリーです。

ブログdeフォトコンテスト一般投票ページ
[PR]
by leoism | 2010-03-10 06:16 | News, Column
速報 from ALASKA
アラスカに来ています。

今年は暖かいと聞いていたのですが、やっぱり寒いです。

ただ、昼間は0度前後の時もあって、そこまでビックリするほどでもないです。夜は厳しい戦いが続いていますが。。。。


とりあえず今の所楽しく撮影できています。適度に観光的な事も楽しみながら、雪の中を歩いたり、極寒の夜にオーロラを待ったり。


明日は北極圏まで行ってきます。


今回は速報日記なので写真は無いですが、来週後半には載せ始めると思いますのでお楽しみに!


色んな写真ブログ
風景写真なブログ
[PR]
by leoism | 2010-03-06 10:18 | News, Column
いよいよ。
RAFT Projectと大層に名前まで付けていたのに、結局色々な話が中途半端なまま出発します。

準備自体には行き先、時期、滞在場所等色々考えての旅行ですが、先もって報告→どんどん盛り上がっての出発、という感じを期待していたのにバンクーバーに行ったり、なんだかんだサボっている内に出発になってしまった感じです。

パソコンは持って行きますが、写真を掲載するのは帰宅後になると思います。

またSan Franciscoの時の様に1、2ヶ月かけての掲載になるかも?ですが、乞うご期待ということで。

北極圏で氷にならないことを祈っていて下さい。

では。
[PR]
by leoism | 2010-03-02 20:33 | News, Column
RAFT Project: How to Log My Adventure? - 3 -
中々本題に入れなかった撮影ログを付ける方法の話。今回こそちゃんと書きます。

何度も書いている通り、写真に「撮影地」情報が付加されていることのメリットは大きい人にはすごく大きい。しかし、GPSを持たないカメラで撮った写真に「撮影地」情報を付加させるには、GPSを持ったなんらかのアイテムが必要になる。

最近ではそれ専用のアイテムも多数売られていますが、それらは2万円前後と結構いい値段する。

そこで前回エントリーの最後に書いた通り、iPhoneを使うという手がある。

 ・ iPhone: ご存知、APPLEのスマートフォン。こいつにGPSが搭載されている。
・ EveryTrail: iPhone用アプリ。iPhoneのGPS情報を使って移動ログを記録する。
・ GPSPhotoLinker: Mac用ソフト。位置情報ファイルと写真データを合体させる。

カメラ以外に上記3点を使用することは前回書いた通りだが、簡単に説明するとカメラとiPhoneの時間を同じになる様に設定しておき、アプリを使ってiPhone側でGPS情報を集めさせ、あとからパソコンでその情報と写真データをマッチさせるという感じになる。

まず、「EveryTrail」というアプリについて説明すると、これはGPSロガーというよりは、トレイル歩きが好きな人向けアプリで、Google Mapと連動して、自分が歩いた履歴を記録してくれる。

その記録はあとから見ることも出来るのだけど、その時のトレイル足跡を同アプリユーザー間でシェア出来るというのが最大の売りだと思う。FacebookやTwitterとも連携して自分のハイキングについて紹介することも出来る。

自分が載せるということと、逆に誰かが歩いた足跡を検索することが出来るため、例えば何通りかルートのあるトレッキングスポットに行った時、同じ土地でのトレッキング履歴を検索して、誰かが歩いたログを見させてもらって、「お、このルートよさげ」と真似させてもらうという使い方も出来るのが面白い。

また、ルート上で撮った写真は足跡上に記録されるので、ポイントポイントでiPhoneでも写真を撮っておくと、よりそのトレッキングルートがわかりやすく、自分のためにも、もしかしたらあとから来る誰かのためにも使える記録にすることができる。

c0080101_11292367.jpg c0080101_1129451.jpg c0080101_11291324.jpg c0080101_11235177.jpg c0080101_11285547.jpg

いくつか画面のスクリーンショットを紹介しよう。

一番左のiPhone画面、三列目の左から二番目が「EveryTrail」のアプリ。

起動させると、Sign Inの画面のあと、メインメニュー(Home)に入る。二番目の画面は過去のトレッキングログを表示させた画面。

記録を始める時は三番目の画像のように地図を出して、真ん中下の「Start Tracking」を押すだけ。

これで自動的にGPSログをためて行き、四番目、五番目の画像の様に線でその足跡が表示されて行く。この2つの画像を見てもらうとわかる通り、Google Mapを使用しているので、地図、衛星画像、ハイブリッドの3パターンの表示に対応している。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2010-02-27 12:10 | News, Column
RAFT Project: How to Log My Adventure? - 2 -
今日は、ふたつ前のエントリー、"RAFT Project: How to Log My Adventure? - 1 -"の続き。

前回、「ジオタグ」に関して話した。最近の“デジフォト”におけるトレンドとして、「撮影地情報」を組み込む事が“ナウい”という話。

“デジフォト”にはExif情報などの「メタデータ」が付加されていて、撮影機材、露出情報や撮影設定がずらーっとリストされるわけだが、その一項目として、「撮影地情報」を組み込む事になるこの新テクノロジーは、写真を楽しむ人全員が全員必ず幸せになるという物でもない。

同データは写真を楽しむ際にある程度自分の努力によって“価値”を引き出せる人じゃないと、あまり使えない。

これは同じく「メタデータ」である、シャッタースピードや、絞り値などの情報と一緒。例えばファッション雑誌を見て、「このショット、SSどれくらいだろ?」とか思うのは、フォトグラファーたちだけだ。普通、「あ、この洋服かわいい♪」とか「●○ちゃんほそーい」とか思うところだ。

ただ、奇麗な風景写真を見て、「これ、どこ??」と思う事はあると思う。また、旅行写真なんかを見ていて、それがパリで撮った事は覚えているけど、パリ内のどこだっただろう?と思う事もあるだろう。そして何より、前回も書いた通り、今後どんどんどんどん増えて行く一方の“デジフォト”に置いて、素早く探している写真を見つけ出す手段は多ければ多いほど好ましく、この「撮影地情報」はその“手段”になりうるのである。
c0080101_17493768.jpg
例えばこの一枚。Washingtonが誇る4,000m級の山、Mt. Rainierの“近く”で撮影した。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2010-02-23 18:16 | News, Column
【受賞】 デジキャパ!3月号佳作「Piggie Tail!」
今日(20日)発売分の学研「デジキャパ!」3月号に「Piggie Tail!」という写真が佳作として掲載されています(↓こいつです)
c0080101_16315764.jpg
「デジキャパ!」誌では昨年8月号にWBCの写真で金賞をいただいて以来の掲載となりました。

こういう風に書くとよくないかもしれないですが、「デジキャパ!」誌は初心者向けカメラ雑誌で、2月号分の応募から、“そのレベル”に合わせた写真の投稿にシフトしていました。その2月号では「あと一歩!」にリストされ、今回佳作ではありますが、掲載に至ったので、やはり、フォトコンに応募する際はそのコンテストの傾向やレベルを認識して、適切な作品で応募する事が大切かもしれないな、と思った受賞でした。

そういう意味では、“狙って獲った”感じがあるので、そういう意味での嬉しさはありますが、やはりメインで撮っている風景画で大きな賞が欲しいな、と欲が出てしまいます。自分の写真にそれだけの価値があるのかはわからないですが、今年は“そういう賞”を獲る事も目指して、よりレベルの高いフォトコンに挑戦していこうと思っています。

Continue --->
[PR]
by leoism | 2010-02-20 16:45 | News, Column