Top

NATIONAL LEOGRAPHICはこちらに移転しました!!!








[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

[Backpacking] Annette Lake - Mt. Baker National Forest -1-
春に、Backpacking(バックパッキング)に目覚めて、この夏、最低でも5本は行きたいなと思って、6月からチャレンジして来たものの、5月末に「Quinault」(クイノールト)にて第2回目を試みた時(Episode 123、続いて、6月の「Snow Lake(スノーレイク)での挑戦(Episode 123、共に、天候に恵まれず、テントや宿泊装備を備えて出かけたものの、日帰りで帰るという結果になっていた。

相手は自然—。人間の思うような環境、コンディションで常に待ってていてくれるということを期待してはいけないのは分かっていたけれど、最初の挑戦も、快晴ではなく、どちらかというと曇りのち雨という感じだって事を考えると、天気運ないなーと思わざるを得なかった。

それでも諦めず、次の挑戦の場として、スノーレイクから結構近い場所にある、「Annette Lake(アネットレイク)を選んだ。

ここは、スノーレイクへ行く時に、レンジャーに電話でコンディション確認をした際、もしかしたら、こっちの方が良いかもしれないよ?とアドバイスをいただいていた場所で、スノーレイクと同じく、目的地には湖があって、そのほとりで寝泊まりしつつ、自然を楽しむというスポットだ。これまたスノーレイクと同様、夏期は泳げるくらいの温度の日もあるけれど、冬期中心に雪に埋まる場所で、“それなり”に険しい道を登ってたどり着く場所だが、夏期のピークシーズンには沢山のハイキング客が集まり、泳いだり、泊まったりを楽しむ様だ。

ボクも今度こそ泊まるぞ!という意気込みで新調したテントと共に、公園入り口にやって来た。片道約6kmだから、スノーレイクより遠い。仮に日帰りだとすると、湖で泳ぐのは気持ち良さそうだけど、12kmを一日で歩く事になるから、やはり、“それなり”の労が伴うアクティビティになる。

最初はカメラはバッグに仕舞い、コンデジでたまに撮りながら、とにかく登る事に集中した。

c0080101_1275048.jpg
この一枚は、ほとんど目的地というあたり(多分5km弱進んだ後の地点)で撮った一枚。この石の上を登って来たわけじゃなくて、細いトレイルの脇がこんな急な崖(坂?)だったのが凄かったから、撮ってみた。自宅のパソコンでちょちょっと加工して作ったブログ用写真だけど、今投稿に使っている別のパソコン上で色が若干変な事に気づいた。安ものPLフィルターの所為も考えられるけど、空の色とか、緑が変なのは今回だけだと願う。ウチのMacが液晶の設定おかしくて、変とかやったら泣いても済まない!!)




c0080101_128835.jpg
もうすぐ着く予感から若干余裕が出て、周りを撮り始めた。
c0080101_1282681.jpg
木漏れ日落ちるトレイルは本当に心地よい。
c0080101_1283988.jpg
いよいよ!道が開けて目前に“それらしい”空間が!!!

c0080101_1285515.jpg
着いたー!!(「着いたーって“ツイッター”でつぶやこうとしたら圏外だった;)


重い荷物も背負い慣れると数時間くらいなら、そんなにヘトヘトにならない様で、高い木々が並ぶ閉鎖的な細いトレイルからパァっと開けた空間とそこに待っていた素晴らしい光景にめちゃくちゃテンション上がった!!もう、速攻服脱いで、全裸で泳いでやろうかっていうくらい、テンション上がって、湖のほとりまで駆け寄った。

c0080101_1291693.jpg
水がキレイ!!!!!


実は、この水辺のショットを撮る前に別の場所から水辺にアプローチしたら、(おそらく全裸で泳いでらした)カップルと鉢合わせしてしまって、慌てて、という風でもなく、でもそれなりにいそいそと服を(っていうか、まず下着だね)を着ていく感じの空間でとっさに、そこから離れなきゃ、と思って、逃げる様に別の場所に移ったという出来事があった。

翌日は昼前に早々に引き上げたのだけど、それくらいの時間に下山していると、若い女の子も沢山登って来ていたし、レビューで見ても、老若男女沢山の人が遊びにくるらしいこの湖、ボクが着いた時点で確か4時前とかだったと思うし、その時ほとんど他の客はいそうに無かったけれど、やはり公共の場、いい大人が全裸で泳いでたとしたら、若干私物化し過ぎじゃないか?とか思ったけれど、その後、水に浸かって、心地よい時間を過ごしていたら、全裸で全て解き放たれて泳ぎたいという気持ち、なんかわかっちゃった気がする。

“脱ぎ”特性は持っていないハズなので、これも大自然に置ける何かの“魔力”と思っておく事にした。

最初のテンションの中数ショット撮った後、この全裸うんぬんに気づく前に、ちゃんと当夜の寝床にする場所を探し、テントを設営していた。大体の日没時間は知っていて、それまで数時間あることは分かっていても、クマ対策や寝床確保、火を焚くなら、薪集めなどは最初にやるべき事で絶対間違っていないから、そこはしっかり。

一通り、上記のマストワークが終わってから、湖周辺を散策しながら、下記の2枚などを撮りつつ、周辺のコンディションや情報を集めた。

c0080101_1293684.jpg

c0080101_1295715.jpg

c0080101_1302880.jpg
そして、この日デビューのテントがこれ。この一枚では分かりづらいかもしれないけれど、このテント、「Minibus」という名前が付いていて、その名を聞けば、この写真と合わせて連想出来る人もそれなりにいるんじゃないかな?そうVW、ヴォルクスワーゲンのミニバスというバンを意識したデザインのカワイイテントなのだ。

上のショットは、丁度、バンを前から見た状態。

この夜はこのミニバスの中で快適な睡眠を取る事となる。天気は晴。4度目の挑戦にして初めて、ドライな日和に恵まれ、二度目の大自然の中での一夜を迎える事が出来そうだ。

次回は、この日の終盤から翌日までの話を紹介します。


つづく。。。

*写真はクリックすると大きいサイズがポップアップします。


*Taken in 6 mega JPEG. Retouched with Photoshop CS4.


ココロに響く1枚はございましたでしょうか?ご感想やコメントをいただけると勉強になります。

Follow me on Twitter!
パーソナルサイトのLEOiSM!の方も覗いてみて下さい!


[PR]
by leoism | 2010-11-26 01:32 | Field Log


<< [Backpacking] A... 自然を撮影するということ >>