Top

NATIONAL LEOGRAPHICはこちらに移転しました!!!








[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

Alaska - Day 6: Arctic Circle -3- 【Early Morning】
アラスカ旅行記メインイベントの「北極圏への旅」、前回のエントリーでは少々寄り道した感じになったけれど、今後のエピソードでとても重要になる話なので、読んでない方は、是非読んでおいて欲しい。

さて、今回は、空が明るくなって、風景も楽しめる様になってからの旅の様子を紹介しようと思う。前日に雪が降ったため、白率が上がった、アラスカの手つかずエリアの様子を少しずつ紹介しようと思う。

空が明るくなるまでは、既に行ったことがあるエリアを走っていたこともあって、ガイドさんの“講習”を一生懸命聞いていた。これまでにいくらか紹介している、この道の存在理由や、これから行く、「北極圏」とはどういう所なのか、などのレクチャー、質疑応答である。また、これから入って行く道は、かなりの危険が伴う覚悟が必要な道である説明と、それに対応する充分な装備を持っているから安心して下さいという話なども。これを聞くと、さらに自力で来なくて良かったな、と思わされるわけだが、その装備のひとつに、無線機といのがある。

ここで早速前回の話が引っ張り出されるわけだが、この道は、トラッカーたちのための道と言って過言でない。何トンというすごい量を積んだ重量級トラックが行き交う道ながら、凍った路面、雪崩の危険、吹雪、などなど、難易度の高い道である。トラッカーたちは、その道を出来るだけ早く、しかしながら安全第一で走破する。そのため、往路、復路共に、トラック間での情報交換はとても重要なことになっていて、例えば、自分の通った道が凍り気味だったとして、向かいから来る車に、「ヘイ、ちょっと凍ってるから気をつけるんだぜ」と声をかける感じ。お互いが顔見知りである必要もなければ、同じトラック会社である必要もない。こういう場所では、助け合いが命綱であり、持ちつ持たれつが高い次元で成立している。

ということで、ツアーバンでも、ガイドが、向かいから来るトラックを見つけたら、「今、ツアーバンが北上しています、少しスピードを遅くして、警戒していただけると助かります」と声をかけたり、「この先、急カーブがありますけど、路面どうですか?」などと聞いたりしていた。それぞれ「りょーかい、いい旅を」とか、「まー、平均より安全だと思うけど、ゆっくり気をつけな」とか返事が来る。ゆっくり走ってもらうことが出来るだけでもすごく助かる感覚は、激しい速度で重量級トラックが迫って来る、横を走り抜けるというのを体験しないと分からないかも知れないけど、前回紹介した写真の様に、雪煙を巻き上げて走って行くのは本当に恐い。お仕事の邪魔になる、という意識はあるかもしれないけど、こちらの安全のためだ、協力をお願いするのはとても重要だし、このツアー会社はトラッカーたちといい関係を築いているから、上記の様に、気遣いの言葉をもらったりも出来る。逆に、情弱なアホ観光客丸出しのレンタカーがこの辺りをウロウロしていたとしたら、、、「おい!そこのチビ車!邪魔なんだよ!アホが!」とキレられるかも知れない。

そんなこんなで、さわりにして、すごく重要なことを色々学んだボクらは、第一休憩ポイントに入ることになった。

c0080101_14453587.jpg
道の脇にたまにある民家エリアのひとつと業務提携?していて、休憩、トイレを借りる、ということが出来るらしく、裏にトイレのある、夏には小さなマーケット?の様な建物の前でバンが一時停止した。雪の深い小道だったので、一瞬ガイドは入るのを躊躇したけど、意を決して突入!という感じだったので、ここから出られなかったりして、とか思ったが、ガイドは、バンが冷えるのを嫌って、エンジンを付けたまま停車した。




c0080101_14452562.jpg
辺りはまだ薄暗いけれど、もうすぐ太陽の熱で霧も晴れて、気持ちいい風景が見られるらしい。

ボクはトイレに行く必要がなかったので、この辺を少し歩くことにした。

c0080101_1444336.jpg
これでも人が住んでいて、夏には観光客で賑わうらしい。

c0080101_14441574.jpg
太陽は登っているけど、霧(雲ではないらしい)でまだまだ薄暗い。

c0080101_15594595.jpg

c0080101_1445932.jpg
この大量のタイヤは何に使うんだろう?

c0080101_14435266.jpg
バンを前から見たところ。雪の世界に入るのに、白色って、ワーストチョイスなんじゃないか?とか思っていたボクは、びびり過ぎだったかもしれない(笑)。

上記の通り、少し車道に戻るのに苦労したけれど、何とか雪にスタックすることなく車道に出て、これから、次の休憩スポットまで2時間弱、ただひたすら白い世界を走ることになる。


c0080101_14454733.jpg
すでに「世界の果て」を充分感じさせるこんな道を太陽が光照らしてくれるのを期待しながら、走り続けた。


つづく。。。


*写真はクリックすると大きいサイズがポップアップします。


*RAW proceeded with Photoshop CS4 via Aperture 3.


ココロに響く1枚はございましたでしょうか?ご感想やコメントをいただけると勉強になります。

Follow me on Twitter!
パーソナルサイトのLEOiSM!の方も覗いてみて下さい!


[PR]
by leoism | 2010-07-28 16:01 | Travel Log


<< Alaska - Day 6:... Alaska - Day 6:... >>