Top

NATIONAL LEOGRAPHICはこちらに移転しました!!!








[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

Alaska - Day 4: Way to the Denali -1-
オーロラという現象は、当たり外れがあり、出現も、規模も、予測が難しい。なので、アラスカ入りして早い段階でオーロラを観る機会を求めた。仮に最初の数回観れなくても、頑張れば滞在後半に観られるチャンスを作る事が出来るから。しかし、今回は運良く2回目のトライで結構満足出来る規模のオーロラを観測することが出来たため、これ以降オーロラ観測に出かける事は無かった。

さて、アラスカという土地はオーロラだけが素晴らしいわけではない。そして、ボクが今回アラスカに行きたかった理由もオーロラメインではない。世界中でも有数の自然豊かなこの土地は、北極海まで続く広大な大地に幾千、幾万もの動物が暮らし、Denali事、Mt. McKinleyは、北米最大の山として大きく、雄大な姿でこの大地を見守り続ける。

一般的にデナリ周辺の冬は環境的な厳しさが半端無く、主に夏に訪れる場所という認識になっている。夏にはハイキングから登山、リバーラフティングやキャンプ、ハンティングと様々な自然体験を楽しめる場所だが、冬には鍛えられた冒険家以外ここを通るのは恐らくAncholedgeとFairbanksを行き来する人たちだけだろう。冬のデナリは入場許可が無ければ公園内に入る事が禁止されている。それだけ危険な土地なのである。

申請してみたけど、入場許可は得られなかった(当然)。しかし、どうしても冬のデナリを見たくて、Fairbanksから車で3時間ちょっと、走ってみた。今回はまずはそんなデナリに向かう車中、外からの様子を紹介したいと思う。
c0080101_8351463.jpg
デナリへはほぼ一本道だった。整備された奇麗な高速道路をただひたすら走るだけなのだけど、最初の峠でパノラミックビューが楽しめる場所があったので広角で撮ってみた。肉眼で見る広がりが演出出来なくて失敗。。。パノラマ合成とかの方が多分そういうのは上手く出るんだと思う。天気もパッとしなかったけど。
c0080101_8305118.jpg
途中、大きな川が凍っている様子を撮影するために停まった時に撮った一枚。この写真でわかるかわからないけど、結構な規模の川がまるまる凍っている。




ここを渡った場所に小さな町があって、NENANAと書いてあったから、「ネナナ」と思っていたのだけど、どうやら、「ニナナ」らしい。シアトルも結構そういう傾向があるのだが、多くの土地名がネイティヴアメリカン由来で、日本で言えば北海道(アイヌ)の様な感じだろうか、珍しい読み方の土地が多い。

ニナナを過ぎると一気に文明の気配が無くなった。トラックやSUVとはすれ違う物の、右も左も木、木、木。
c0080101_8385592.jpg
相変わらず川は凍っている。空が曇っていてパっとしない画しか撮れないけれど、とりあえずどこもかしこも凍った様子を撮りまくった(笑)。
c0080101_845259.jpg
こう撮ったら凍ってる感じが良くわかると思う。
c0080101_848349.jpg
空気がすごく澄んでいるので、晴れてさえいればスカッと気持ちの良い画になりそうなのだけど。。。
c0080101_19474020.jpg
途中に出くわすガソリンスタンドも何かしっくり来る感じ。
c0080101_949544.jpg
アラスカ鉄道の車両を利用していると見られるレストランなんかもあったり。


こんな感じで、とにかく広い広い空と、大地の中一本のびる道をひたすらデナリを目指して走り続けた。たまに停まって、写真を撮ったり、空気を感じたり、ぼーっと空を眺めたりしながら。。次回もデナリへの道の続きを紹介する。
*写真はクリックすると大きいサイズがポップアップします。


ALL) [ K-7 + SIGMA 10-20mm EX DC: ISO100, AWB, HyM mode, SR on, RAW ]

*RAW proceeded with Photoshop CS5 via Aperture 3.


ココロに響く1枚はございましたでしょうか?ご感想やコメントをいただけると勉強になります。

Follow me on Twitter!
パーソナルサイトのLEOiSM!の方も覗いてみて下さい!


[PR]
by leoism | 2010-06-15 09:54 | Travel Log


<< Alaska - Day 4:... ALASKA - Day 3:... >>