Top

NATIONAL LEOGRAPHICはこちらに移転しました!!!








[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

ALASKA - Day 3: Streese Highway -2- Snow Walk in Sunset.
前回紹介した『Hilltop Cafe』を後にして、アラスカ北端まで続く一本道に入った。
c0080101_14444631.jpg
太陽はもうかなり低い。電柱も途切れた“道しか無い道”が数百キロ続く。




c0080101_1445624.jpg
何もないけど、もう数十キロだけは舗装されたクリアな道が続く。
c0080101_14451636.jpg
道のサイドにはどこまでも続く手つかずの大地。


とにかくこんな感じで、雪と樹々、山と空が延々と広がる世界に、一筋伸びるアスファルトの道が延々と続く。

ある地点からこのアスファルトで舗装された道も無くなるわけだが、通常の舗装された道を走る装備しか備わっていない車で行けるだけ行くことにした。たまにすれ違う巨大なトラックとサンセットを見ながら“アメリカ最北端の信号機”から何十キロか走ったところで、トラックが休むための沿道のスペースに出くわした。
c0080101_14452843.jpg
1台だけトラックが停まる広大なスポットに車を寄せた。


ここから後何キロ舗装道路が続くかわからなかったけれど、この時点で空は水色からピンク色に変わり始め、視界から太陽が消え始めていたので、ここに車を停めて、ここから少し道を外れた大地の中に入って行く事にした。
c0080101_14453873.jpg
足跡にも見えるくぼみがあるけれど、きっと何者も踏み込んでいないであろう道なき道。


踏み込んでみると、意外と雪が深く、軽く2,30cmは雪に沈んだ。

冷たいのは冷たいけれど、雪が中に入って来ない様しっかり装備しているので、気にせず進む。
c0080101_14454747.jpg
太陽は殆ど沈んでしまった。


三脚も担いで行ったのだけれど、あまりいい写真は撮れず仕舞。

まだ空は明るいけれど、太陽は沈んでしまったので車に戻る事にした。
c0080101_14455721.jpg
車の近くに停まったトラックのドライバーに、ここからさらに北に行っても安全かを教えてもらったら、まだ40マイル(約65km)近くは舗装道路が続くそうで、未装備の車でも問題ないとの事。ただし太陽が沈んだらすぐに気温もすごく低くなるから結露等に注意してね、という事だった。

もう少ししたら“マジックアワー”が期待される時間帯だけど、行けるところまで行くと決めていたのでさらに北に進んだ。


つづく。
*写真はクリックすると大きいサイズがポップアップします。


1-2) [ K-7 + SIGMA 10-20mm EX DC: 10mm, f8.0, 0.0EV, ISO100, AWB, Av mode, SR on, RAW ]
3-7) [ K-7 + DA16-50mm F2.8 ED AL [IF] SDM: f8.0, 0.0EV, AWB, Av mode, SR on, RAW ]

*RAW proceeded with Photoshop CS4 via Aperture 3.


ココロに響く1枚はございましたでしょうか?ご感想やコメントをいただけると勉強になります。

Follow me on Twitter!
パーソナルサイトのLEOiSM!の方も覗いてみて下さい!


[PR]
by leoism | 2010-05-10 14:46 | Travel Log


<< ALASKA - Day 3... ALASKA - Day 3:... >>