Top

NATIONAL LEOGRAPHICはこちらに移転しました!!!








[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

ALASKA - Day 2: Snow Coach Tour at Chena Hot Springs.
アラスカ二日目の続き。

前回、Granite Tors Trailで軽い雪ハイクを楽しんだ様子を紹介したけれど、この日のメインイベントは、Chena Hot Springsという温泉リゾートへ行くことだった。こういう癒し系イベントは、本当なら色々アクティビティーをやって疲れた後に行く方が意味ありそうな気もしたけれど、色々な予定調整の結果、二日目に行くことになった。

ところで、今回で、アラスカ旅行に関するエントリー4本目になるけれど、ここで先に宣言しておこうと思うことがある。それは、アラスカで驚くほど何回も日本人集団と出くわしたということだ。この件に関する余談はエントリー最後に余談として書こうと思うけれど、この、チェナ温泉リゾートも例外ではなく、着くと同時にバス規模の日本人集団と出くわすことになった。


さて、そんな感じで個人的には、国内旅行なのに、日本で旅行しているかの錯覚に陥る中、久しぶりの温泉に癒された。アメリカでは、温泉と言っても、「スパ」感覚で、全裸で男女別の日本方式ではなく、水着着用で、暖かいプール的な感じで楽しむのが一般的だから、日本人にとっては「はぁ〜いい湯やわ〜」という感じになれないかもしれない(ボクはそう)。ただ、ここの温泉は、多くの「スパ」で低めに設定されている水温が熱い目で、結構温泉感覚で入れたのは嬉しかった(アメリカ人連中は「熱過ぎる!」とわめいていた(笑))。


温泉に癒された後、この日のメインアクティビティーとして、雪上車にて近くの山に登り、夕日を見る、というものをやることにした。ここは、この夕日ツアー以外にも夜暗くなってから同じ山に登ってオーロラを見るツアーもやっていて、山の上だから360度開かれた空の中に見るオーロラは運が良ければかなりキレイそうだったけれど、(多くの日本人観光客と違って)ボクのこの旅の目的はオーロラのみにあらずだったから、この日は夕日ツアーを選んだ。

c0080101_14173346.jpg
こいつが山の上まで運んでくれるSnow Coach(雪上車)。


雪上車は2車両編成で、足はキャタピラーになっている本格的な重量選手。エンジンがかかると「ゴゴゴゴゴ〜〜」と地響きの様なうなり声を上げ、色んな方向に揺れ響く。



事前に乗り物酔いする人は前に、と言われ、前のユニットに乗ったものの、これは、ヤバいな、と思った(笑)。
c0080101_14203953.jpg
車内はこんな感じ。夏用だと思うけど、扇風機が付いてる(勿論この日は必要ない位寒かった)。
c0080101_14205198.jpg
車両上に空いたスペースから。

こいつ用に設けられているであろう一本道をゴゴゴゴゴゴと登って行く。登頂まで、15〜20分かかったかな?
c0080101_14323045.jpg
途中、雪の中急に登れなくなるアクシデント発生!!!

ゴゴゴゴゴゴいいながら、全然前に進まず、逆にちょっと下がったりする状況にかなり焦るが、ドライバーも「あれ?」みたいな感じで、さらに焦る。結局、ちょっとバックして(!)オルタナティブルート(いくつか予備ルートがあるみたい)で登りことなきを得たけれど、このまま後ろ向けに滑って行くとかエクストリームなイベント発生したらどうしようかと少し良からぬ妄想に落ちいった(笑)
c0080101_14255441.jpg
外を見ると、雲がちょっと気になるものの、いい感じで陽が暮れて来ている。

c0080101_14264423.jpg
天井の穴から後側も撮影。揺れているのでふらふらしながら車内で無理矢理立って撮影。


アラスカが本気を出せば、白率は倍以上になるのだろうけれど、今年は、ちょっと本気を出さなかったみたいで、山々の入る風景でも(とりあえずこのエリアは)こんな感じだった。気分的にはシアトル近隣とそこまで変わらない。でも、体感的には圧倒的に寒い。

そんなこんなで、ちょっと気持ち悪くなったものの、無事頂上に到着。
c0080101_14434317.jpg
ここには、オーロラ待ち様のテント(小屋)もあって、ここを拠点に2、30分夕日を楽しんだ(撮影した)。

次回は、この時撮影した夕日の中からいくつか紹介しようと思う。

最後に、Snow Coach内で撮った動画をどうぞ。(見ただけで弱い人は酔っちゃうかもなので注意!)





つづく。。。


*写真はクリックすると大きいサイズがポップアップします。


All) [ K-7 + SIGMA 10-20mm EX DC: Av mode, hand held, RAW ]

*RAW proceeded with Photoshop CS4 via Aperture 3.


ココロに響く1枚はございましたでしょうか?ご感想やコメントをいただけると勉強になります。

Follow me on Twitter!
パーソナルサイトのLEOiSM!の方も覗いてみて下さい!


[PR]
by leoism | 2010-04-13 22:47 | Travel Log


<< ALASKA - Day 2:... ALASKA - Day 2:... >>