Top

NATIONAL LEOGRAPHICはこちらに移転しました!!!








[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

RAFT Project: How to Log My Adventure? - 1 -
企画復帰の前回に続いて、RAFT Projectに関するお話です。

今回は、前回エントリーの最後の方で書いた、“実験”の話を紹介しようと思うのだが、「ジオタグ」というものをご存知だろうか?

写真には「メタデータ」という物が付いていて、例えば撮影機種情報だとか、露出情報などという物がそれだけど、その「メタデータ」に、“撮影地情報”を組み込むのが「ジオタグ」の役割だ。

これは正に今最も注目の新ムーブメントで、GPS内蔵のカメラもちらほら出ると共に、この「ジオタグ」を記録するためのカメラ周辺機器がどんどん発売されている。

大手でこれに早くから取り組んでいたのは恐らくSONYだと思う。
c0080101_1753871.jpg
こちらのページに載っている、『GPS-CS1KSP』というロガーが最初に発売され、今は『GPS-CS3K』というロガーが発売中。




最近ではNikonからも同様の機材が発売されているが、これらが何をする道具かを簡単に説明すると、撮影時にこの“GPSロガー”を起動させると、GPS信号により“現在地”の情報を取りたてくれて、後から、その場所情報を撮影画像とマッチングさせていくアイテムだ。

場所情報が写真に付加されて何が嬉しいの?と思う方もいるかもしれない。

そういう方は、数日前に書いたこちらの『Apertuer』に関するエントリーを覗いてみて欲しい。

Aperture』や『iPhoto』にある、『Places』(日本語では“撮影地”)は、上記の“撮影地情報”を元に、世界地図の上に“ピン”を落とし、自分の撮った写真がどこで撮られたものなのか、その“ログ”をビジュアルな形で表示してくれる。

撮影地情報は、主な撮影場が自宅だ、とか、決まったスタジオだ、という方にはつまらないテクノロジーだと思うけれど、ボクの様に、外に出て、色んな場所で撮影する人間に撮っては撮影時、いや、撮影後をもっともっと楽しくさせてくれる新技術だと思う。

この機能により、今後、どんどんどんどん増えて行くであろう写真データの中から、例えば、“ヨーロッパで撮った写真”を抽出したり、もっと狭く、“自宅周辺で撮った写真”だけを引っ張り出すという事も出来る様になるし、世界地図を広げて、この“ピン”を見て、「ヨーロッパ方面に良く撮りにいったなー」とか思ったり、「東北の方は全然行ってないな」と考察したりも出来る様になる。

趣味で撮っている人の多くはそんな事面白いと思わないかもしれない。

だけど、フィールドフォトグラファーの方なら少しはこの、「地図を広げてこれまで撮ったフィールドをピンで追う」というワクワク感を想像していただけるのではないかな?と思う。

と、ここまでで既にだいぶと話が長くなってしまったので、この「ジオタグ」の話と、“実験”の話は次回も続けようと思うのだけど、要するにこの“実験”は、新しく導入した“GPSロガー”の実験だったわけで、結果を先に書くと、かなり上手く行った。


ということで、次回、この「ジオタグ」の話の続き、ボクが導入した、「ジオタグ」を集め、写真に付加する手段をご報告しようと思う。

*今日の一枚は前回と同じく、上記の実験含めた撮影テストからの一枚(だから昨日と似た一枚ですみません)。

*写真はクリックすると大きいサイズがポップアップします。


[ K-7 + PENTAX-DA★16-50mm F2.8: 43mm, 5sec, f8.0, 0.0EV, ISO100, AWB, Miyabi, HyM mode, SR off, JPEG, w/tripod ]

*Taken in 6 mega JPEG. Retouched and Resized with iMac + Photoshop CS4


ココロに響く1枚はございましたでしょうか?よかったら、コメントを残してっていただけると嬉しいです*

今年新しく作った写真ブログの方もよろしく! 

色んな写真ブログ
風景写真なブログ
[PR]
by leoism | 2010-02-19 17:57 | News, Column


<< 【受賞】 デジキャパ!3月号佳... RAFT Project: R... >>