Top

NATIONAL LEOGRAPHICはこちらに移転しました!!!








[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

Dry Falls 〜地球史上最大の滝〜 [1]
「世界一大きな滝と言えば?」と聞かれたら、「ナイアガラの滝」(Niagara Falls)を思い浮かべる人が多いのではないだろうか。

しかし、「イグアスの滝」(Iguazu/Y Guazú)が正解だ。

イグアスの滝」は、アルゼンチンとブラジルの二国にまたがる滝幅4,000m、最大落差80メートル以上を誇る(*落差世界一はエンジェルフォールの978m)巨大な滝で、その名前は“大いなる水”を意味する(先住民、グアラニ族の言葉)。同滝を含む、イグアス国立公園(ブラジル)イグアス国立公園(アルゼンチン)は、ともにユネスコ世界遺産に登録されている。


さて、

以上の話は、“現在水が流れている滝”に限れば、の話である。

長い長い地球の歴史上には、恐竜の様な巨大生物が走り回っていた時代もあれば、「イグアスの滝」を遥かに上回る滝も存在していた。

地球史上最大とされるその滝は、なんと、「ナイアガラの滝」の10倍の規模(滝幅5,630m)を誇り、最大91mの落差に、時速105kmの勢いで流れていた。その水量は、現在地球上に流れている全ての川の水量の10倍(!)にも及んでいたとされているのだから、その規模の大きさは想像を遥かに超える物だったに違いない。

この滝がこれだけの勢いと規模を持ったのは、氷河期の時代の事で、同地区に発生していた大規模な洪水による物だったそうだが、およそ想像もつかない様な規模を誇ったその滝も、現在は“枯れて”しまっている。

それが、今回行って来た、「Dry Falls」(ドライ・フォールス)だ。
c0080101_1247625.jpg
ご覧の通り、こうして見下ろせば、干上がったダム湖の様に見えるこの一体が、「ナイアガラの滝」の様な滝壺を取り囲む様な湖だったのだ。

見渡す限り何もないこの一体に、世界中の川の流れを10倍した量の水が流れていた事を想像するのは、現場に立っても、簡単な事ではなかった。しかし、地学者の研究は、ここにそれだけの規模を誇る滝が存在した事を明確に示していて、長い地球の歴史を感じずにいられなかった。


次回は、この「Dry Falls」を含む「Sun Lakes-Dry Falls State Park」(サン・レイク-ドライ・フォールス州立公園)内をトレッキングした時の様子を紹介したいと思う。


*写真はクリックすると大きいサイズがポップアップします。


[ K-7 + SIGMA 10-20mm EX DC: 10mm, 1/160sec, f8.0, -0.7EV, ISO100, AWB, Av mode, SR on, RAW ]

*Taken in RAW and Proceeded with iMac + Photoshop CS4


ココロに響く1枚はございましたでしょうか?よかったら、コメントを残してっていただけると嬉しいです*

今年新しく作った写真ブログの方もよろしく! 

色んな写真ブログ
風景写真なブログ
[PR]
by leoism | 2010-01-31 13:09 | Field Log


<< Dry Falls 〜地球史上... 【Accessary】 Sub... >>