Top

NATIONAL LEOGRAPHICはこちらに移転しました!!!








[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

2009年総括.
c0080101_9554155.jpg今年も残す所数時間となった。

iPhotoのアルバムを見ると一目瞭然だけれど、今年はこれまでで一番写真を撮った一年になった。

デジタルだから、現場で撮った写真は、家に帰ってからだいたい30〜40%くらい削除していることを考えたらかなりシャッター自体は切ってるんだろうな、と思う。おそらく10,000ショットをゆうに超える量の撮影をして来たことになる。

フィルムと違って、大量に撮影できることを良しとするか、否かは別にして、去年まではたくさん撮っても、「撮影する」→「ブログでの紹介」、又は「SNSへの投稿」という形のみのアウトレットだったボクの写真に新しい行き先が出来たのが今年だったと思う。

2009年、ボクはフォトコンテストへの応募を始めた。

自分の写真が誰か他の人のものより優れている!という確固たる自身があったということではない。ただ、自分が美しいと思った世界と、それを自分なりの目線で切り取った写真という1つの表現方法が客観的にどのように評価されるのだろうか、という関心が強まったのが動機だったと思う。

しかし、フォトコンテストでは多くの応募作品にはコメントは付かない。

どこがよかったか、どこが悪かったか、ということは、入選作品にのみ与えられるフィードバックである。

だから、結局何も得られないまま、出せど出せど全然入選しない、、、ということは充分想定していたのだけれど、運良く最初の応募作品から優秀賞に選んでいただいた([写真投稿チャレンジ2009 冬 第4回])のを皮切りに、ブログからのトラックバックにより参加するタイプのフォトコンテスト、「ブログdeフォトコンテスト」にて入選し、チャレンジ開始から順調に成果が得られた。




これには正直驚いたけれども、同時に、「あれ、自分、結構いけてるかも?」という勘違いもしそうになった。

けれど、それに満足せずに、「年内10プライズゲット!」という(悪く言えば調子に乗った)目標を掲げることにし、その後もどんどんフォトコンテストに応募を続けた。

c0080101_124133.jpg結果、続いて、GANREFで開催されていた、「あなたの夢の撮影記」というコンテストにて見事最優秀賞をいただき、10万円の賞金と、30万円の夢撮影旅行資金をいただき、来年早々にアラスカに行くことになった。

このコンテストでの最優秀賞受賞は、とても嬉しかったのは当然だけれど、ボクの撮影に対する意欲ということが評価されたという点で自分の中に芽生え始めた写真撮影というもとのとの付き合い方の方向性がより明確になる出来事だったと思う。

このコンテストでは、大自然の美しさ、偉大さ、そして儚さというものを見て、感じて、そして、残したい、伝えたい、という想いを応募作品とともに添える文章にて記したのだけれど、ちょうどこの頃からNational Geographicで紹介される様な世界を見て、感じて、同じ様に伝えたい、という様な想いを抱く様になっていたので、それに共感を持っていただき、そして、支持していただけた喜びと、充実感により、ボクは、それ以降、さらにフィールド撮影という物にのめり込む様になった。

その後、学研「デジキャパ!」誌のコンテストで金賞(WBCの時の写真にて)、第17回ブログdeフォトコンテスト「色」部門にてグランプリ受賞「写真投稿チャレンジ2009夏」にて「次点」に選ばれるなど順調に入選を続けることが出来た。

順調に入選を続けると嬉しいという気持ちは隠せない。PENTAX K-7を買ったのもこの頃だ。

それまで、エントリー〜初級者向けのカメラを使って来たわけだけれど、自分の技術が上がったという自負があったというわけではないけれど、やっぱりこういう風に自分の作品が評価される様になってきて、また、この夏何度も出かけたフィールド撮影により、自分のやる気もどんどん増し、そして、やりたい撮影もより明確になって来た中で、先のGANREFコンテストでの賞金もあったことから、ハイアマ向けモデルであるPENTAX K-7を買ってしまった。

ただ、問題というか、残念だったのは、10月頃からめっきり撮影に出る時間が減ってしまったことだ。

10月には、San Franciscoへ旅行へも行ったし、そこで撮影もたくさん楽しんだのだけれど、11月には日本に3週間ほど帰国し、その間、折角の紅葉シーズンであるにも関わらず、そんなに撮影しなかった。今年撮った1x,000枚の写真の殆どは、夏期に集中的に撮ったものだと思う。

そんな秋頃、第18回ブログdeフォトコンテストにて再びグランプリをいただいた(写真は上記の夏期に撮った物)。二回連続のグランプリは嬉しいけれど、やっぱり、コンテストで賞をもらうより、撮りたい!という思いの方が強いことに気がついた。

ちなみに、結局2009年内に10の入選という目標は果たせず仕舞いだった(7つ)けれど、来年、もう一度、10の入選を目標に頑張ろうと思う。(もちろんそれ以外にも目標は立てるつもり)

c0080101_1603176.jpgちなみに、3月には、「College LINE」という学生向けフリーペーパーにてボクの写真が掲載された。見開きを使った大きな紹介だったのだけど、自分の写真が一般向けに発表された一番大きい写真だったのは間違いない。

というわけで、デジイチ歴3年目の2009年は、何かと新しいことが多く、転機と呼べる出来事もたくさんあった、充実の一年だった様に思う。

もちろん、それは、写真ライフ、という括りの中で見た場合ということなので、人生総合で見たら、色々停滞していることもあったり、悩むこともあるのだけれど、2010年も新しい目標とともに、写真ライフも、ライフ総合も充実した一年になるように精進したいと思う。

最後に、以下に今年追加した撮影機材と、フォトコン受賞歴一覧を載せておきます。

追加機材:

1) 「PENTAX K-7
2) 「smc PENTAX-DA18-55mm WR
3) 「PENTAX-DA16-50mm F2.8 SDM

2009年フォトコン受賞歴:

1)【受賞】Be with you...* (優秀作品に選ばれました!)(ペンタックスオンラインアルバム「写真投稿チャレンジ2009 冬 第4回」)(3月)
2)【受賞】第16回ブログdeフォトコンテスト「わが街」部門入選(対象作品「Sky, Stars, and Silence.」)(4月)
3)【受賞】GANREFにて最優秀賞をいただきました!(7月)
4)【受賞】学研「デジキャパ!」誌のコンテストで金賞をいただきました!(7月)
5)【受賞】第17回ブログdeフォトコンテスト「色」部門・グランプリ(7月)
6)【受賞】「Lake Crescent Night」が次点に選ばれました。(9月)
7)【受賞】第18回ブログdeフォトコンテストグランプリ(10月)


*写真はクリックすると大きいサイズがポップアップします。


色んな写真ブログ
風景写真なブログ
[PR]
by leoism | 2009-12-31 22:49 | News, Column


<< HAPPY NEW 2010!! Christmas Eve 2... >>