Top

NATIONAL LEOGRAPHICはこちらに移転しました!!!








[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

RAFT project アップデートと、レンズラインナップ思案中
デジイチはNikonのD70sでデビューしました。

今のD90のラインですので、中級機ランクでした。

正直なところ、初心者向けとか中級とかそういう事がわかっていなかったので、何となく選んだカメラでした。中級機らしく前後2ダイヤル式だったり、大きめの筐体、当時としては優れた基本機能が詰まった、スタンダード中級機だった様に思います。

しかし、筐体の大きさ、重さをはじめ、色々不満があり、約3ヶ月でサヨナラしました。

そしてサヨナラして2ヶ月後に手にしたのがPENTAX K100D。

Canon & Nikonでシェア8、9割というデジイチ業界に置いて、NikonからPENTAXに引っ越す人はそんなに多くないのでは?と思いますが、K100Dには非常に満足していました。

3年の使用の後、後継機でありながら、K100Dのエントリーというカテゴリを超えた位置にあったK200Dの購入に至りました。K20Dという中級機に関心があったものの、自分の実力、そしてやはり中級機というクラス独特のサイズ、重量というものがどうしても許容出来ず、K100DとK20Dの間に居る様な感じだったK200Dを選びました。

当時既に世に出ていたK-mは無視。いや、小さいのは良い事なのだけど、肩液晶が無かったり、スーパーインポーズが無かったり、色々とエントリーグレードという位置づけから来る弊害が多かったので、当時はK200Dがパーフェクトフィットでした。





そして、先月、K-7を購入。

K-7は性能的には現在のPENTAXフラッグシップながら、「ハイパフォーマンス・コンパクト」という新カテゴリーに位置するカメラだと思います。他社のAPS-Cフラッグシップ機である、EOS 7DやD300s、α700といったラインナップとは別の存在価値がある一台で、PENTAXがK20D直系の新機種を出すのか否かも気になるところではあるものの、このカテゴリを開拓する方針だと面白いな、と思っています。

さて、とはいえ、このカメラが現在PENTAXが出すデジタルカメラとして最も優れたパフォーマンス力を持っている事は変わらないわけで、K200Dランクの新機種が影も形も無いとはいえ、K200Dで満足出来ていたはずなのに、使用1年も経たない内にK-7にステップアップしたのには理由があります。

それは、少し前に立ち上げた"RAFT Project ß"の関係です。

ぜーんぜんアップデートが無かった仮プロジェクトでしたが、こちらでご報告した通り、GANREFでのコンテストで最優秀賞をいただき、来年3月までのの渡航を条件にImpress社様よりアラスカ行きの旅費を30万円出資していただくことになりました(既に受け取っています)。

現在、日程を調整中ですが、RAFT、も「Road to Alaska Field Tour」が予定より早く実現する事になったのです。

アラスカでは「北極圏の扉国立公園」という果てしなく北に位置する極限の大地まで行きたいと考えておりまして、やはりK-7の様なタフネスカメラが必須となったわけです。

ということで、ここに「RAFT project」の正式始動を宣言させていただきます!

当分の間はこのブログでうだうだ準備に関するつぶやきが続きますが、ご興味ある方はお付き合い下さい。

なお、K-7という上位機導入に伴い、レンズラインナップを思案中です。

c0080101_11283279.jpg
一応、こちらが現在の主力レンズ群です(オールドレンズは除外)。

パッと見ただけで、極限の世界では通用しません(笑)。

本当は、EOS 5D MK2とかD300sの様なカメラが求められるのだろうな、と思いますが、自身の撮影スタイルを行き先によって変更する気はない、という思いを護るために、PENTAXと頑張ります(下手したら心中?)。

RAFT projectに関しては、壮大なアラスカの大地、たった一回の渡航で全てをコンプリートできるとも思っておりませんので、season 1, 2 , 3....と続けて行きたいな、と思っておりますので、とりあえず、DA★60-250mm F4 SDMをゲットしたいな、とは思っている物の、2010年中には下記のラインナップに近づけたいと考えています。

c0080101_11285760.jpg
中には噂だけのレンズが混ざっていますので、登場しない、又は登場してもべらぼうに高い、という事があれば、なくなる話ですが、ワイルドライフ撮影に向けて、“ヨンヨン”は欲しいなぁーと思います。

はてさて、どのような装備で迎えるかわかりませんが、RAFT project、少しずつ進めて行こうと思います。

色んな写真ブログ
[PR]
by leoism | 2009-10-01 19:50 | News, Column


<< 【連載 第6話】そこでしかみら... 【連載 第5話】そこでしかみら... >>