Top

NATIONAL LEOGRAPHICはこちらに移転しました!!!








[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

Canoing at Lake Washington -2-
前回のエントリーに続き、Lake Washington(ワシントン湖)でのカヌーイングでの写真をご紹介します。

前回最後に登場した大きな鳥、この後いたるポイントで目にしたのですが、果たして同じ種類の違う奴だったのか、ボクたちをずっと見張っていたのか。。。。

c0080101_2153781.jpg
特にこちらを向くでもなく、さりげに立っている様子がどこか神秘的で、注目せざるをえませんでした。

ちなみにこの一枚は結構気に入ってます。

カヌーではワシントン湖のどこまで行っても、最終的に戻って来て、返却すれば問題ありません。よって、体力、気力、勇気、やる気があれば何時間どこまで進んでも勝手です。しかし、だいたいいつも1時間半ほど楽しんで、戻ります。その辺りが集中力と体力(持久力)のいい具合のポイントの様だからです。

ただし、湖面を陸沿いに楽しんでいれば、湖脇にある公園に立ち寄る事も可能なのです。




c0080101_21551824.jpg
公園にはこんな感じで橋がかかるなどして、湖沿いを散歩するようなコースがあったり、湖を眺めながら座れるベンチがあったりするので、所々に設けられているドッキングステーションに“駐車”して、カヌーを降りて公園で遊ぶ事もあります。

ただ、その公園は別の手段(例えば車とか)でも来れる場所で、従量課金制のカヌーを借りている時間を消費してまで長時間滞在したいか、と考えると微妙でもあります。なので、寄ったとしても、10〜20分滞在するのが通常です。

そもそも、、、

c0080101_21512030.jpg
湖面に浮いている方がこういう美しい情景が楽しめるのに、陸に上がる必要があまりないのです。

最も、トイレの必要や、船酔い、座り疲れ、という問題が起こる場合もあるので、絶対浮いている方がいいという風には思わないですが。。。

でも、、、

c0080101_2212464.jpg
やっぱりせっかくカヌーをレンタルしているのだから、湖面の景色を満喫したいというのが一般的な考え方でしょう。

この後、ちょっと頑張ってこいで別のスポットまで行きましたが、そちらは水路が細く、漕ぐのに集中する必要があったことと、漕ぐのに疲れて来て、カメラを握るのが億劫になり始めていたことから、そっちの撮影はサボりました。

ということで、Lake Washingtonでのカヌー遊びからの写真はこんな所となりますが、いかがだったでしょうか?

ボクにとっては、車で数分の場所で楽しめる、コンビニみたいな感覚の場所になってしまっていますが、日本の方々にはどう映ったでしょう?何かの具合がうまくはまって、涼を感じていただけたりなんかしたら、絶好の暑中見舞いになるかな?と思ったりするのですが。。。


シアトルはちょっとの間だけ、寝るのに気になる暑さの週がありましたが、既に寝る時は長袖長ズボン(というか、下はフィリース)という感じで、もう夏が終わろうとしています。

日本は盆休みシーズンになりましたが、大阪は暑いんだろうなー。

これで4年、夏のシアトルを回避してこれたので、ちょっと忘れちゃっていますが、暑い地区にお住まいの方、暑さでやられない様に!



*写真はクリックすると大きいサイズがポップアップします。


*Taken in 6 mega with fine sharpness +4, custom color=Miyabi. (Retouched and Resized with MacBook + Photoshop CS4)


ココロに響く1枚はございましたでしょうか?よかったら、コメントを残してっていただけると嬉しいです*

色んな写真ブログ
[PR]
by leoism | 2009-08-12 22:08 | All Other Photos


<< Olympic Nationa... Canoing at Lake... >>