Top

NATIONAL LEOGRAPHICはこちらに移転しました!!!








[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

My Day-Trek Gear.
夏なのに、なかなかフィールドに出られない日が続いていたのですが、昨日約1月ぶりにトレッキングに出掛けて来ました。

当初はオリンピック国立公園の方まで行こうと思っていたのですが、夕方に用事ができてしまい、比べて近場の、「Twin Falls」という滝のある公園に変更になりました。
オリンピック国立公園を楽しみにしていたので、ちょっと残念でしたが、久しぶりのフィールドはとても楽しかったです。

その様子は写真の整理が終わり次第順次アップしますが、今日は、ボクの日帰り時の装備を紹介してみようと思います。

c0080101_18262930.jpg
これが自分と衣服以外に身につける主な装備です。

見ての通り、スリング型のバッグとトレッキングシューズです。

シューズにタグがついているのは、この日がデビューだったからです(Rattlesnakeに行った時に撮影したものです)。



バッグはLoweproの、AW200というタイプで、片掛けバッグです。
一年前から使っていて、かなりお気に入りなのですが、レビューをした事がなかったですね。機会があれば、別に改めてレビューしてみようと思います。

バッグのトップについているのはG-SHOCKの"RISEMAN"というウォッチで、高度計、温度計、気圧計がついており、ソーラー充電x電波時計というタフネスの中のタフネス、フィールドに出る人のための一本、という時計で、クリスマスにねだったかなりイケてる奴です。

トレック開始時から記録を始めると、どのくらいのペースで登っているか、とか、その日の最高到達点(標高)とか、気圧の変化による天気予報なども出来るので、本当に重宝します。CASIOからは、PRO-TREKという電子コンパスなども装備された更にトレッカー向けのラインも出ていますが、ちょっとデカいので、デザイン、サイズ含め、こいつがとても気に入っています。この時計も、機会があれば改めてレビューしたいと思います。

そして、バッグ右側についているのが、Gorillapod(サンタに貰ったやつ)です。

バッグ右にあるのがこの日デビューとなった、NIKE-ACGのトレッキングシューズです。GORE-TEX加工がされていて、ミッドハイタイプなので、ちょっと川などに足を浸けないといけない場面でも対応できます。

基本的にデイハイク(トレッキング)では、靴はそこまで拘らなくていいのです。ある程度のクッション性のある足にあうスニーカーなら大丈夫です。この靴を買ったのは、通常のスニーカーより足首のサポートが強めである事と、GORE-TEXによる防水効果を求めてでした。


さて、、、

バッグを開けてみましょう。

c0080101_18272795.jpg
中は2分割になっています。

上(写真では左)は小物などを入れる感じのスペースで、下(写真では右)がカメラ、レンズスペースとなっています。

PENTAXのレンズ群は小さい物が多いですし、ボクのカメラはAPS-Cサイズですので、総じてそこまで巨大なレンズを持っていないため、本体に付けているレンズを除いて3〜5本入ります。

大体上の方にケータイや財布、プシュプシュ(ブロアー?って呼ぶのかな?)、ガム、クリーナー、First Aid、予備電池、シャッターレリーズケーブルなどが入っています。


文字で説明するより、お見せしましょうね。


c0080101_18274078.jpg
これだけの物がバッグに搭載されています。結構入ると思いません?


一応説明すると、明細の棒は懐中電灯です(最近LEDの明るいのに買い替えました)。その下にあるメッシュのはタオルです。コンパクトに畳める、吸収力抜群の携行性重視の物です。その上はNikonのアウトレットでアンケートに答えたら貰えたウェットティッシュです。財布の左にある青いケースがFirst Aid、つまり救急ポーチですね。応急手当に必要な消毒や絆創膏、ボクの基本的な常備薬一式などなどが入っています。財布の下敷きになっているのはリモコンですね。その他は、多分説明いらないと思います。あ、Tridentっていうのは、ガムですよ。非常食件精神安定剤(笑)。


とまぁ、小さくまとまるAW200ですが、中には色々入っているのです。

殆どの日帰り撮影、トレックにはこれひとつで出掛けています。Gorillapodを手に入れてからは大きい三脚もあまり持ち出さなくなりました。今はこれに、水パック(また紹介しますが、チューブがついていて、歩きながら水が飲める様になっているパックですね)、万能ナイフ(10得ナイフという感じのやつです)、リアルナイフ(刃渡り20cmくらいの物です)、方位磁針などを追加して出掛ける時もあります。

上のユニットには、パンやおにぎりを入れて行く事もあります。荷物のバランスによっては、財布は車に置いておくか、頭から持って出ず、クレジットカード1枚と少々の現金だけにすることもありますが、ケータイはたいてい持って行きます。圏外の可能性もありますが、非常事態になったとき、確実に役に立ちますからね。


という感じで、さらっとですが、ボクの日帰り時の装備を紹介してみました。
フィールド撮影を楽しむ方はもちろんですが、それ以外の方にも役に立つ、興味ある内容だったらいいのですが、いかがだったでしょうか?


*最初の二枚はRattlesnakeに登る前、最後の1枚は例の崖の上で撮りました。全てK100Dとキットレンズです。

紹介用に、家でロードして、撮影してみようかな、と思った事もあるのですが、やっぱり、実際出掛けた時に撮るのが一番なので、大きい方のバッグでの装備例は、実際それが必要な感じのフィールド撮影に出掛けた時にご紹介したいと思います。


*写真はクリックすると大きいサイズがポップアップします。


色んな写真ブログ
[PR]
by leoism | 2009-07-03 03:06 | My Gears


<< Twin Falls -1- Urban Dawn >>