Top

NATIONAL LEOGRAPHICはこちらに移転しました!!!








[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

Rattlesnake Ledge Trail -3-
第一回第二回とお伝えしてきました、「Rattlesnake Ledge」でのトレック最終回です。

今回登ったコースですが、ボクたちは何度もお伝えした通りかなりのハイペースで登り、そして、あまりゆっくり出来ずに降りて来たわけですが、ゆっくり登れば、お子さんや体力にそこまで自信が無いという方でも、2時間あれば崖地点まで登れると思います。

苦労はするかもしれませんが、それに見合った眺望が楽しめるとあって、日曜日で、天気にも恵まれていたコトもあってか、かなりの人手がありました。

ボクたちはハイペースだったので、どんどん他の人たちを抜かして行った訳ですが、、、(笑)

c0080101_23205892.jpg
降りて来て改めて崖を見上げると、結構上の方まで登ったんだな、というのと、とんがってるなぁ、というのを感じます。





c0080101_23265530.jpg
やっぱり、とんがってますねー。


生い茂る緑の中から飛び出る様な感じの崖。ワイルドです。

ところで、前回載せた、崖ギリギリから撮った写真がありましたが、どの辺から撮ったかわかりますか?

c0080101_23333388.jpg
この辺りです!


さて、そんなとんがった崖から降りて来た後は、その麓にある湖を少し撮影してみました。

魚眼で 。

c0080101_23343166.jpg
上から見たらエメラルドグリーンにも視えた湖ですが、結構浅く、底の泥の色が浮き出て、結構汚く見えるんです。

そんな湖ですが、こちらは何ら苦労する必要なく、すぐそこまで車で来られるので、トレイルよりさらに多くの人で賑わっていました。暑い日だったので、子供たちを中心に湖に入って気持ち良さそうにしている方が目立ちました。

連れが「駐車場までショートカットだし」と湖の中を通って行こうというので、靴を脱いで、ちょっとぬるっと滑ってしまいそうな危うさのある湖底をそーっと歩いて通りました。転ける=カメラおじゃん。の公式が成り立つので、恐る恐るでしたが、気持ち良かったです。

c0080101_23402611.jpg
場所によっては結構深くなっている部分もあったので、ど真ん中までは行けませんでしたが、こういう広い画角のレンズで水の中から撮ると感じが出るかな、と思いました。

c0080101_2342780.jpg
最後の1枚も魚眼ですが、露出が一番ハマったと思います。構図のバランスなども含めて、一番良い感じに撮れたかな?と思います。


ということで、3回に渡ってお伝えしましたRattlesnake Ledgeでのトレッキング、繰り返しになりますが、そんなに困難なコースではありませんでした。片道3km弱で標高差も300mくらいだと思います。地道に登ればそんなに苦労せず登れるはずです。

写真を撮る、という目的が無くても、とんがりのてっぺんからの眺望はすごくキレイで、すごく心地のいい空間でした。

こういう場所に恵まれた土地に住んでいる事を嬉しく思いますが、同様の環境は世界中にいくらでもあると思います。

ボクは今後、“それなりの体力やトレーニング”が必要なレベルのトレッキングへ移行していく予定ですが、こういう場所で自然を全身で感じるという体験は、とてもいいものだと思いますので、機会があれば、トレッキングやハイキングもいいと思います。


*写真はクリックすると大きいサイズがポップアップします。


*All taken in 6 mega, fine sharpness +4, custom color=Miyabi with K200D (first 3 with Sigma 30mm, last 3 with DA10-17 Fish-Eye).
*Retouched and Resized with MacBook + Photoshop CS4


ココロに響く1枚はございましたでしょうか?よかったら、コメントを残してっていただけると嬉しいです*

色んな写真ブログ
[PR]
by leoism | 2009-06-11 07:50 | Field Log


<< "Timoos Pr... It's Not Wh... >>