Top

NATIONAL LEOGRAPHICはこちらに移転しました!!!








[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

HITORIGOTO Extended
今日は写真の掲載をお休みさせていただきます。

今週末、フォトコンに向け写真の準備とこのブログへの写真掲載の平行作業でちょっと疲れました (汗)。。。

ということで、今日はちょっとつぶやきを前面に。。。

まずは、昨日サインアップした、「GANREF」というフォトコミュニティーサービスのお話。

これまで、写真関係のSNSやアルバムサービスはたくさんあって、デジイチを始めた頃から何個も登録はして来たが、それぞれ結局は放置(というか更新せず)という結果に至った。

今まで一番使ったサービスはFlickrだと思うのだが、このサービスは無料アカウントでは200枚までしかアップロード出来ず、ラスベガスの写真を載せた時点で容量限度に達し、それから結局更新しなくなっていました。

Flickrは海外のフォトグラファーと交流できる貴重な場所なので、近い内最初とは違った使い方で再開したいと思っているけど、今回新たに加入した、「GANREF」が中々オモシロくて、当面ここで楽しもうと思う。

このサービス、最初はアップロードできる枚数がすごく少ないのだが、その少ない中から同じくユーザーである誰かに、「お気に入り」とされたり、コメントをいただく事で、自身にポイントが付与され、アカウントランクがどんどん上がって行き、それに伴いアップロード枠も増えて行く、というシステムで、結構やる気をそそられる。





もちろん、誰からもお気に入ってもらえなかったり、コメントがもらえなければ、一生最初の地点にスタックするわけだが、僕は、運良く(?)最初の段階で結構お気に入りに入れていただき、本格的にアップロードし始めて、2、3日でシルバーというランクに上げてもらえた。

ランクが上がるほど、次のランクまでに必要なポイントが大きくなるのはドラクエやFFなどのRPGゲームに類似していて楽しい。そして、このサービスで嬉しいのは、「mixi」や「facebook」など、実友達中心につながるSNSサービスや、このブログの様に好評ばかり飛び交うのではなく、批判ではないが、アドバイスや、エッセンスをいただける所。

本当に写真好きな方や、プロの方など、ハイレベルな方がたくさん登録されていて、その人たちの作品を見せていただくだけで勉強になるし、そんな方々から、とても勉強になるコメントがもらえる。

このブログにもそれなりにアクセスはあるし、コメントを下さる方がいて毎度感謝しいるけど、実際、毎回数える程度のコメントで、「GANREF」を通じて新しい交流の機会が持てる事への期待感は嬉しい。

もう一点。

これまでも何度か載せた、Green Lake(グリーンレイク)での話(これに載せた公園です)。

今日、この公園を走って来ました。実は、学生の頃は“トライアスロン部”に所属していて、片道11kmの往復を自転車で学校に通い、走り、そして泳いで、という時代があった。

最近では、走る事をルーティーンとはしていなかったけど、夏場のフィールドでの戦いに向けて肉体改造に取り組んでおり、とりあえず走る場所に困らない環境をいいことに、走ってます。

今日は、ちょっといつもより長く走ろうと思い、天気は曇りだったけれど、自宅近辺が坂が多いので、ちょっと車を走らせてこのGreen Lakeに来た訳だが、ここはその名の通り、一周2.8ml(約4.5kmほど)ほどの湖を囲んだ公園で、湖の周りに「足で移動する人用」と「タイヤ付きの人用」という2レーンに区切られた道があって、走ったり、ウォーキングする人は前者、ローラーブレードや乳母車有りの人は後者レーンを使う感じで、とにかく、走るには最適の環境なのだ。

今日は、その公園の外周から始めて、5kmちょっと走ったわけですが、まだ走り始めたところなので、正直、すごく遅い。このまましっかりトレーニングを続けたら、同じ時間で8kmとかもっと進める様になるのでしょうが、今はこれでいいのです。

それで、そんなゆっくりペースで湖の周りを走っていたら、色々な物が目に飛び込んで来る。
「お、これは!」と思える撮影スポットを何個も発見したのでした。

ここで走るのは始めてじゃないし、散歩的な感じで歩いた事も何度もあるけど、一人だったのは始めてで、しかも上記の様に作品作りに没頭していた直後だったこともあってだろう、いわば、“Photo Addict”とでもいえった感じの状態だったんだと思う。

そんなわけで、後日それらの場所を今度はカメラと共に巡る予定が出来ました。


…ところで、肉体改造は走るだけでは成り立ちません。

今は1日置きに走って、走った後家にあるウェイトマシーンで筋トレをしています。走った日は上半身中心に遅筋を育てていまして、走らない日はスクワットとかで下半身も育てています。

一朝一夕で効果が出る系の話ではないので、地道な修業ですが、もう少ししたら、今度は走らない日に水泳を始める予定だ。

トライアスロンは、まず、泳いで、自転車をやって、そして走るわけだけど、五輪競技の距離でもある“ショート”でも、1.5km泳ぎ、40km自転車、そして10kmランという過酷な戦いです(鉄人レースと呼ばれる“Iron Man”に至っては、3.8km/180km/42.195kmという想像を絶する競技になります)。そんな事情から、トライアスロンのランは普通のマラソン大会とは違う走りが求められるのだけど、そんな事は関係なく、この3種の中では泳ぐのが最も好きです。

ということで、夏前あたりにはワシントンの大自然をお届けする事が出来ると思うので、風景写真がお好きな方は乞うご期待!!

という感じで地味に長くなってしまったので、今日は写真無しで。。。


というのは寂しいので、

c0080101_16243190.jpg
鳥。

[PR]
by leoism | 2009-05-11 16:25 | News, Column


<< Skagit Valley T... Skagit Valley T... >>