Top

NATIONAL LEOGRAPHICはこちらに移転しました!!!








[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

KISEKI no HIKARI
人は忘れてしまう

すべてがそう

夢だったかの様に

c0080101_13524334.jpg
目に視える何かしか信じられず

目の前にある それ に気がつかない

信じることの勇気

その小さな何かをつかまえられない

自分の軌跡(あしあと)を

そのヒカリを

忘れてしまうのだ




今日はひっさしぶりに、「Photo Poem」をエントリーしてみました。

実は、この写真ブログを本格的に始める前は、こちらの、「Leo!sm -CoCology-」というブログをメインにほぼ毎日色々書いてたんです。

そうなんです、このブログのタイトル、「Leo!sm - Photo -」は、実は、「Leoism!」という僕の個人サイトを母体とする派生コンテンツであるという意味から、頭に「Leo!sm」と付いているのです。決して、この僕、Leoが“M”(Leo is M)というわけじゃありません。

そしてこの“CoCology”というネーミングは心→Cocoloという言葉を心理学をさす、Psychologyという単語と合体させた造語なんです。

多くの訪問して下さる方には、ただ単に、「写真好きでブログに載せている人」としてしか認知されていないと思いますが、僕は現在アメリカの大学院に通っていて、心理学を勉強しているんです。大学に入る前から勉強をはじめているのでかれこれ10年はやっているんですけど、心理学という学問は狭い様で広い、そんな学問で、自分がこれからどういう世界に向かって行くのか、というのは今でもテーマです。

そんな僕と、心理学との付き合い方のひとつとして、このCoCologyを立ちあげ、日々の日記的なエントリーを中心に、僕の目で見た日常を心理学的な知見をからめて綴っていました。

ただ、ちょっとした事情から、1年ちょっと、お休みしていたのです。その間、こちらの写真ブログを精力的にアップしてきましたが、この度、CoCologyを再開しました!再開にあたる特別な理由は無いのですが、ひとつだけ思うところがあって、それが、自分と写真との関わりでした。

“ココロを写したい”


ここ最近、僕がファインダーを覗く度に脳裏によぎる物です。

次回のエントリーでその辺の事、暴露してみようと思います。

ちなみに、今回の「Photo Poem」の感じは、CoCologyの方で良くやっていたコトで、だれかに伝わるかとか、いいね、と評価されるかというのは全く関係無く、こういう感じで詩を詠み、その時の感情を具現化して残すというコトが好きです。

“関係無く”とは思っていますが、自分の写真とかけあわせることで、どこかのだれかに何かを感じとってもらえることがあるとすれば、それはすごくうれしいコトでは、あります。


[ K200D + TAMRON SP AF 90mm MACRO: 90mm, 6sec, f16, 0.0EV, ISO100, AWB, M mode, SR off, w/tripod ]


*Original photo was taken in 6 mega with fine sharpness +4, custom color=Miyabi. HDR generated with Photomatix Pro 3.
(Resized with MacBook + Photoshop CS4)


ココロに響く1枚はございましたでしょうか?よかったら、コメントを残してっていただけると嬉しいです*

色んな写真ブログ
[PR]
by leoism | 2009-04-12 22:02 | All Other Photos


<< SAKURA with Cla... What You Can Se... >>