Top

NATIONAL LEOGRAPHICはこちらに移転しました!!!








[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

L.A. -Day 6- : Last Day in LA
怒濤のL.A.旅行も六日目を向かえ、いよいよ最終日となった。

正直、連日の疲労はピークに達していたけど、だからと言ってホテルで寝てるわけにもいかないので、まずはハリウッド・セレブも訪れるという「Beverly Center」に向かった。

実際、僕は買い物をする必要もお金も無かったので、ブラーっとしながら、セレブ・スターがひょっこり買い物してたりしないかなーっとキョロキョロしている程度だったけど、女の子は買い物が好きだねー、ホント。

2、3時間ショッピング+ランチで過ごした後、初日にも行ったんだけど、再度Hollywoodの方にいかなきゃならなかったので、車にて移動した。

この日は平日なんだけど、やっぱり昼間は道がすごく混んでいて、とてもじゃないけど、ハリウッドのど真ん中に乗り込めそうに無かったので、歩いて15分ほどの距離で車を置いて、ぼちぼし「Walk of Fame」を見たりしながら歩いて行った。

c0080101_1794035.jpg
途中、これまでで一番良くハリウッドサインが見える場所を通った。

最初は、このサインは「HOLLYWOOD LAND」という13文字構成だった話、知っているだろうか?
不動産屋の宣伝用に作られたサインだったんだけど、ある女優が、なかなか芽が出ず、オーディションにも落ち、自身の将来に悲観して、この13番目の「D」から投身自殺をしたらしい。たまたま整備の人用の梯子がかかったままになっていたので、登れたらしい。。

同日、彼女の部屋にはある作品への出演依頼の手紙が来ていたらしい。
なんと“自殺して死んでしまう少女の役”だったそうだ。

ハリウッドには今でもたくさんの人が夢を求めてやってくるんだろうけれど、サクセスストーリーの裏にはそういう哀しい話もたくさんあるんだろうね。輝く光には必ず対となる“影”の存在がある。





ストリートミュージシャンもたくさんいた。この人たちも夢を信じて頑張ってるんだよね。

c0080101_17111856.jpg
何度も申し訳ないけど、またまたヤシの木。


Destiny's Childのプレート。

c0080101_171206.jpg
この間も来た、「Kodak Theater」。アカデミー賞授賞式の会場ね。観光客でいっぱいだった。

そしてこの隣りが「Chinese Theater」なんだけど、、、、。

c0080101_17121259.jpg
入れないらしい。どうしたんだろうと思ったら、どうやら何かの映画の撮影が始まるみたいで、よく見たら前の道が閉鎖されていて、バイク野郎みたいなのがたくさんスタンバっている。聞いてみたら、「Cross」という映画の撮影なんだとか。

ということで、手形、見れなかった。。。

まぁ、仕方ない。映画の撮影なら仕方ない。だってハリウッドだもの。

ということで、この日ここに来た一番の目的、宇多田ヒカルのニューアルバム発売イベントのため、列に並んだ。

アメリカ向けに「UTADA」の名前でアルバムを出すからみから、何故かコスメ屋さんの「Sephora」というお店内で開かれるイベントで、6時開始のイベントに2時間前から大勢の人が列を作っていた。

圧死しそうな場面もありながら、広めの店内にすし詰め状態で押し込められて行くのを耐え抜き、30分くらい遅れてイベントが始まった。地元ラジオともコラボみたいで、“くま”Tシャツを来た宇多田ヒカルがアルバム収録曲について話したり、ファンの質問を何個か聞いたり、というイベントだった。

c0080101_204197.jpg
もちろん、英語で話す訳だけど、ちょっと英語がたどたどしかったのは、最近話してなかったからか?



最後は来場者1人1人と記念撮影を撮ってくれるというサービスも。

僕は“撮影係”になって、一緒には撮ってもらわなかったんだけど、並んでる人全員撮る前提だから、自分は結構です、って言ったら、「え、」って顔してた。嫌いなわけじゃないです。ミーハーでもないだけです。歌はiTunesにしっかり入ってます。

そんなこんなで翌日早朝の飛行機で帰るというのもあって、早い目にハリウッドを引き上げ、長くこゆーーいL.A.旅行は終了した。

できるだけ少なく!と意識しながらエントリーしていったつもりなのに、結局この旅行の分だけで25件も載せる事になった。今年はあと、ニューヨーク、ハワイ、もしかしたらアラスカに行く計画があって、夏には日本に帰る用事があるのだけど、その時に沖縄に行ければ、と思っているから旅行記ばっかりの一年になるかも。

そんな今年のブログですが、今後とも“ココロに響く一枚を”の意識は変わらずやっていくつもりなので、どうぞよろしくお願いします。


*Taken in 6 mega with fine sharpness +4, custom color=Miyabi.(Utada's shots are RAW-jpeg)
(Retouched and Resized or Proceeded with MacBook + Photoshop CS4)


ココロに響く1枚はございましたでしょうか?よかったら、コメントを残してっていただけると嬉しいです*

色んな写真ブログ
[PR]
by leoism | 2009-03-24 22:47 | Travel Log


<< [お知らせ] 「College... L.A. -Day 5- : ... >>