Top

NATIONAL LEOGRAPHICはこちらに移転しました!!!








[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

THE SUMMIT AT SNOQUALMIE
実に3年ぶり!!スキーに行って来た。

その3年前も確か、2日滑っただけで、その前に1年のブランクがあったので、毎年何度も行ってた時代から比べると結構久しぶり感の強いイベントだけど、こっちに来てすぐ板だけは買って、やる気だけは整っていたので、「今年こそは!」と思っていたから、この冬最大の目標達成に満足。

さて、そんな久しぶりのスキーデーは、デジイチを買ってから初めてのスキーデーでもあった。

防塵防滴は本体のみだから、雨が降ったり、雪が降りまくる事を考えると、カメラを持って行くのは恐い。

でも、どうしても持って行きたかったから、最悪濡れておかしくなってもいいと思えるDA18-55mmとTamron 70-300mm、どうしても撮りたい景色に出会った時のためのSIGMA 10-20mmという装備で出掛けた。

車に揺られる事小一時間。

ゲレンデ到着!

3年ぶりのスキーだ!テンション上がって来たぞー!!

c0080101_15344681.jpg
…この写真、お気づきだろうか?



写真でわかる人もいるでしょう。。。。

実は、友達と途中で落ち合って、そっちの車でスキー場まで来たのだけど、カメラバッグ一式、自分の車に放置!!何て失敗!

…ということで、今日の写真は全部Canonの『IXY DIGITAL 10』。

c0080101_1539782.jpg
気をとり直して、これがチケット。

こっちのはこういう形式が多い。

マップとチケットの間の金具をジッパーに通して、シールになっているチケットを半分に折って張り合わせる事でこの金具に固定する。するとジッパーにブラブラぶら下がるチケットが完成するというスンポウ。

c0080101_15431214.jpg
リフトとか、ゲレンデだけ見れば、日本のそれと、特に違うところは無い。

この写真を見てわかることといえば、「空いてんなー」ということくらいでしょう。

その通りで、今日は午後2時過ぎまではかなり空いてた。

c0080101_15472552.jpg
まぁ、こういう天気だったので、あまり人も来ないでしょう。

さて、空いているのは好都合!3年ぶりの滑走にドキドキしながら、重力に身を任せてみた。

おぉー。

意外に何の違和感も無く、いつも通り滑れた!

ちょっとだけ、下の方の雪が湿ってて重く、滑りにくかったけど、それでも転けたり吹き飛んだりというコトは一度も無く、最悪“リハビリ”と思って、“ハの字”で滑ろうと思っていただけに、嬉しくて、すいすい滑った。

c0080101_15511617.jpg
はい、すみません。スビードの出し過ぎは注意です。

結局、午後から吹雪はじめて、ゴーグルもフェイスマスクも無く、ビシビシビシッと顔に当たり続ける雪の中を滑るのに限界が来て、3時半頃に引き上げた。視界が10mくらいになって来たし、本当に痛かったから、続けると危なかったかもしれない。

実際、3年ぶりだったのと、このところの運動不足の所為で、いつもより、疲労感も感じていたから、丁度良かったのかもしれないけど、日本のそれと比べて高めなこちらのリフト券の元を取りたかったな。。。

でも、ほんと、車で1時間ちょっとで来れる場所にこれだけ滑れる場所があるんだから、もっと頻繁にくるべきだな、と思った。年間パスを買えば、例えば、「写真を撮りにだけ来た日」とかもやりやすくなるし、一応やったことがあって、滑る事くらいは出来るスノボーを練習したりも出来るから、来シーズンはもっとやろう。



ココロに響く1枚はございましたでしょうか?よかったら、コメントを残してっていただけると嬉しいです*

色んな写真ブログ
[PR]
by leoism | 2009-02-25 23:31 | All Other Photos


<< I Can Play Drum... First Spring &#... >>