Top

NATIONAL LEOGRAPHICはこちらに移転しました!!!








[PR] シアトルで撮ろう! - VSP撮影ツアーなら、あなたの夢の撮影旅行が実現します!!(今すぐチェック!

新レンズ購入、魚眼とマクロ
c0080101_262823.jpg今日、念願の魚眼ズームと、マクロレンズを買った!!

魚眼は、今年の1月あたりの過去ログを見てくれればわかるけれど、一度手にした事のあるレンズ。当時は諸事情から手放したけれど、晴れて今回、再ゲットと相成りました!!

とりあえず日本滞在中は、実家の愛犬、ミレとペシュをガンガン撮って帰りたいなと、考え中。

そして、今回は調子良く、2本一緒にゲット。

そいつはマクロレンズ。

PENTAXシステムの第二本目のレンズである、『TAMRON 70-300mm Di』の、“180mm〜300mm”領域が簡易マクロ対応となっていて、1/2倍のマクロ撮影であることから、これまではそれでマクロ的撮影を続けて来た。

c0080101_264385.jpgしかし、やっぱり花を撮ったり、虫を撮ったり、本格マクロ(1:1撮影)が出来る物が欲しくなってしまった。

そして、リサーチの結果選ばれたのが、このレンズ。

巷の評価はボケがやわらかく、美しいということ。

いよいよマクロの世界に足を踏み入れてしまったーーー!!

また、おいおいテスト撮影からはじめ、ここにどんどん載せて行きたいと思う。

お楽しみに!!!



ちなみに、この2本で所有レンズは9本になった。まぁ、3本の中古ゲットなマニュアルレンズはカウントしないとしたら、6本なので、理想装備であるボディx2台+レンズx10本という装備まではまだ4本枠があるかな?という所だけど、なんだかんだで、いよいよ大所帯になってきな、という印象。

構成としては、

超広角域=10-20mm
標準域=18-55mm
望遠域=70-300mm

という10ー300mm域を3本のズームレンズでカバー(55-70mmが空いてるけど)し、30mm、50mm、55mm、90mmの領域の単焦点がある所に、魚眼という特殊カテゴリーに入れていいだろうレンズがプラスされているという感じになる。

そして、90mmはマクロレンズなので、接写需要にも応えられる様になった。

今後は、もう少し望遠域の単焦点135mmあたりと、やっぱり85mm域の明るい一本は揃えたいなと思うし、MAMIYA-SEKORは癖がある一本だし、マニュアルレンズなので、純正の★55mm F1.4が出たら是非狙いたいと思う。

標準、望遠ズームも、1年以内にはグレードアップしたいなと思うし(17-70 SDMがダメダメだったから、いい標準ズームレンズを探さないといけないけど)、まだまだ満足できる装備ではないんだけど、とりあえず、上記の様に、カバーできる範囲は、この1年で大幅に広がったと思うし、道具を手に入れる前に腕を磨くという順番かもしれない。

あー、、、カメラが趣味だとお金がいくらあってもたんないよー。
[PR]
by leoism | 2008-11-24 02:06 | My Gears


<< 京都・瑠璃光院 -4- 京都・瑠璃光院 -3- >>